『Googleマップ』天気情報レイヤーを追加 世界のお天気をチェック可能に

写真拡大




Googleは、『Googleマップ』に“天気情報レイヤー”を追加。世界中のお天気が『Google マップ』上でチェックできるようになりました。旅行や外出時に『Google マップ』でアクセス情報を確認するついでに、行く先の天気や気温もチェックできるのはとても便利です。

Googleマップに天気情報追加『Google マップ』で天気情報を見るには、マップ右上にあるメニューから「天気情報」をチェックするだけ。地図上に各地の天気と気温が表示されます天気アイコンをクリックすると、現在の天気情報と4日間の天気予報が見れます。太陽のアイコンは、その土地が昼であることを、月のアイコンは夜であることを示しています。

Googleマップに天気情報追加 雲の動き地図表示を「写真」にしてズームアウトすると、雲の動きも見ることができます。左カラムには、表示中の地図上の各都市の天気と気温を一覧で表示。気温表示の摂氏/華氏、雲の表示/非表示の切り替えも可能です。

地図情報と天気情報は、旅行に欠かせない情報。地図ユーザーのニーズをくみ取ったアップデートで、『Google マップ』はますますユーザーの支持を集めそうです。天気情報は『weather.com』、雲の動きは米国海軍研究試験所(NRL/U.S. Naval Research Lab)の情報提供を受けています。