サントリーが輸入・販売する韓国焼酎「鏡月グリーン」のホームページ上の説明文で、同社が「日本海」を「東海(日本海)」と表記していたことが、ネット上で話題となっている。その後、19日の午前には、該当ページは削除された。

 同社は「鏡月グリーン」の「ネーミングのひみつ」の説明文で「『鏡月』というその名前は韓国/東海(日本海)に隣接した湖『鏡浦湖』(キョンポホ)のほとりにある古い楼閣「鏡浦台」(キョンポデ)で、恋人と酒を酌み交わしながら、そこから見える5つの月を愛でた詩に由来しています」と記載していた。

 インターネットの大手掲示板サイト2ちゃんねるなどでは、これが取り上げられ大きな話題となっている。「日本海(東海)ならまだ言い逃れできたかもしれないだが、これは許されない」といった批判の声や「韓国文化の紹介なので、目くじら立てるほどでもない」といったさまざまな声が見られた。

 「日本海(Sea of Japan)」の呼称については、韓国は「東海(East Sea)」と表記するよう主張しており、国際水路機関(IHO)に、「東海」と「日本海」の併記を求めていた。またGoogleやナショナルジオグラフィックなどにも、表記の変更を求める活動を展開している。

 今月には、米国政府がIHOに「日本海」の単独表記を支持する見解を提出したところ、韓国政府が強く反発していた。一方、韓国内では「韓国海(Sea of Korea)が本来正しく、今後はこれを主張すべきとの意見も出ている。(編集担当:李信恵・山口幸治)