いまや、空前の韓流ブーム(マスコミのゴリ押し含め)。一昔前であれば、日本で今ほど韓国のコンテンツに触れる機会はなかった。しかし最近は、テレビで韓流歌手・タレントを見ない日はなく、韓流専門チャンネルや専門誌まで登場している。

「韓流の聖地」と言われる東京・新大久保の雰囲気もガラリと変化し、今ではまるで若者の集う街・原宿のような賑わいを見せている。道を歩く人のほとんどが女性。なかには、ひとりでお目当てのアイドルのアイテムを買い求めに来る人さえいる。

やはり韓国人男性は、日本の女性に人気があるのだろうか? とある韓国事情通の日本人男性に、この質問をぶつけてみたところ、意外な答えが返ってきた。彼がいうには、韓流人気の影響により、韓国の男性たちは良い思いをしてないらしいのだ。

韓国事情通のF氏(30歳)は、頻繁に海外に出向いている。なかでも韓国に行く機会が多く、流暢とまでは行かないものの、韓国語を話すこともできるそうだ。韓国人の友人も多く、その友人たちと良く日本と韓国の文化についての話をしているという。その彼が言うには、韓流ブームであっても、韓国人男性はあまり良い思いをしていないとのこと。

ここ最近になって一気に韓国ブームが到来し、韓国人のアイドルに熱をあげる日本人女性が増えたそうだ。実際、新大久保の韓国語学校で、言語を習得しようという女性が増えているのだとか。出来れば韓国人の男性と付き合いたいとさえ、考える女性も少なくないとのこと。

しかしながらアイドルはアイドル、一般人男性は一般人男性である。「日本人でも韓国人でも関係ないですよ。容姿端麗なアイドルに憧れているだけ。そのことに気付かない女性もいるでしょう。韓流に憧れているというよりも、単純に格好いいアイドルに憧れているに過ぎない」と、指摘している。

F氏の説明では、語学校で十分に勉強した日本人女性が韓国に行き、日本のテレビで見たような格好いい男性を探しても、そう簡単に見つからないそうだ。

「アイドルと同じレベルを一般人男性に求めても、それに見合うだけの相手なんてなかなかいないですよ。結局、お眼鏡に叶う相手が見つけられずに失望する日本人女性も少なくない。でも、それを韓国の一般人男性に求めるのは酷ってものじゃないですかね」

なるほど、憧れる相手が仮に日本のアイドルでも、同じことが言えるのかもしれない。ちなみに韓国の男性は日本人女性の律儀で礼儀正しい面を好むそうだ。だが、もしも韓国人男性が日本人女性を好んでも、その人が求める容姿でなければ、円満な付き合いには至らないかもしれない。理想と現実のギャップは、韓流ブームに限らずともあるものではないだろうか。

■関連記事