1988年から発売されているゲームシリーズ「桃太郎電鉄(桃鉄)」。最初はファミコンで発売され、その後、ゲームボーイやPCエンジン、スーパーファミコン、PlayStation、PlayStation2、ゲームキューブ、Wii、Xbox 360などありとあらゆるゲームハードで発売されたほか、2005年以降は携帯電話版もリリースされている人気のシリーズなのですが、ゲームの監督を務めているさくまあきらさんによると、現在構想中の東日本復興編だと思われる新作の開発が放置されており、このまま消滅しそうであるということが明らかになりました。

さくまあきらホームページ:仕事人裏日記
(2011/08/18 22:03現在、サイトに繋がりにくくなっています)

さくまさんは日々あったことをネット上の日記に綴っており、その中でユーザーとの交流も行っています。8月17日分の日記で、PS3を購入したという人からの質問を受けて、桃鉄最新作の状況が語られました。

これが、さくまさんが取り上げたユーザーからの声。

最近、地デジ対策としてPS3とtorneを購入しました。
そろそろスーファミを卒業してPS3で桃鉄をやりたいなと思い、探してみましたが、PS3版は発売されてないんですね。
PS3はゲーマーのゲーム機というイメージがありましたが、地デジ化対策ということでPS3を購入された方は結構な数いらっしゃるようですし(某家電量販店の店員さんの談)、
一般層に浸透しつつあるんじゃないでしょうか?

私の友人の5人が持ってはいますが、そのうちの一人が「買ったはいいけど、やるソフトがない、なんかもうTVとBDプレーヤーを足した感じだよ」と言っていました。
ソフトを探して見ても確かにPS3にはみんなでできるソフトが少ないですから、PS3版桃鉄を発売すれば需要があると思います。
最近の地震で日本版を発売するのは難しいかもしれませんが、ユーラシア大陸版だったらぜひ購入させていただきたいです。

この意見に対して、さくまさんは以下のように答えました。(原文ママ)
それがもうハドソン内部がガタガタで、誰に決定権があるのかが、さっぱりわからない。
いろんあ人が、勝手なことを言っている。
そんなわけで『桃鉄』は放置されたまますでに半年になろうとしている。
たぶんこのままだと消滅する運命をたどりそうだ。
もしそうなったとしたら、ごめん!
東日本復興編だけは作りたかったなあ…

今のところ最後に発売された桃鉄は2010年12月のニンテンドーDS向けソフト「桃太郎電鉄WORLD」。据置ハード向けとなると、2009年11月にWii向けソフトとして発売された「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」がラストになっています。

さくまさんは2011年内の発売を目指して「桃太郎電鉄2012(仮)」を開発していましたが、3月11日に発生した東日本大震災を受けて「被災地に物件がないのは悲しすぎるし、物件が堂々と登場するのも変だ」として開発を中止。その代わり、復興しだした時にその元気を伝えるのが役割だと、「東日本復興編」を構想していると報じられたのが8月12日のこと。

「桃太郎電鉄」新作に東北復興編を構想 さくまあきら氏 - MSN産経ニュース


この報道からわずか5日後に「東日本復興編だけは作りたかったなあ…」という日記が書かれたということになります。なんとか復興編だけでも出したいというのがさくまさんの強い願いなわけですが、果たして無事開発は進められるのでしょうか……。ハドソンというと、ずっと会社を代表する存在だった「16連射」の高橋名人が5月末で退社していますが、これも何か社内のゴタゴタが原因だったのかもしれません。

・関連記事
ハドソンを退社した高橋名人がゲッチャ・コミュニケーションズへ入社 - GIGAZINE

ついに「桃太郎伝説」が復活か、桃太郎シリーズの開発が8本同時で進行中 - GIGAZINE

「ディグダグ」「モンスターハンター」「桃太郎電鉄」などゲーム会社とコラボしたシャツをユニクロが発売 - GIGAZINE


記事全文へ