六本木ヒルズがゲレンデに...トップストリートスノーボーダー集結

写真拡大

 バートンスノーボードが、11月19日にストリートスノーボードコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」を六本木ヒルズアリーナで開催することを発表した。国内外から招待されたトップライダー達が、優勝賞金15,000ドルを目指してトリックを競い合う。さらに会場内では、12歳以下の子供向けにスノーボードを体験できる特設ゲレンデも登場。8月13日にFacebook公式ページがオープンしており、出場選手などの最新情報が確認できる。

六本木ヒルズでスノーボードコンテストの画像をもっと見る

 ストリートスノーボードは、雪山だけではなく街にある階段や手すり、壁を使って滑るエクストリームスポーツの一種。バートンはさまざまなジャンルのスポーツでコンテストを仕掛けてきたが、このジャンルでの大会は「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」が初。参加選手は10〜20名のスノーボーダーを予定しており、バートンが世界中から招待する。協賛は自動車ブランドMINI(ミニ)。

 会場に設置されるコースの大きさは幅8メートル、長さ10メートルで、世界中で数々のスノーパークを作っているSNOW PARK TECHNOLOGIESがプロデュース。ウォールやハンドレール、階段を組み合わせて何通りものアプローチを可能にした、六本木ヒルズアリーナに最適なデザインが施される予定だ。

 コンテストの行われる六本木ヒルズアリーナでは、アーティストによるスペシャルライブや、子供向けスノーボード体験イベントを実施。スノーボード体験イベントは12歳以下なら誰でも参加することができ、ボードやブーツ、ウェアといった必要なものは全て現地で無料貸し出しを行う。

■BURTON RAIL DAYS presented by MINI
 日程:2011年11月19日(土)12:00〜19:30
 場所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区6-10-1)
 観戦:無料
 WEB:http://www.burtonraildays.com
 Facebook:http://facebook.com/BurtonSnowboardsJapan