150のECサイトと提携、電通が撮影画像から商品検索できるアプリ開発

写真拡大

 電通が、カメラで撮影した画像から商品を検索することのできるiPhone向けアプリ「FINDDOG(ファインドッグ)」を開発した。撮影した画像をもとに、様々なショッピングサイトの中から類似した商品を検索できるアプリで、結果からそのままネットショッピングが可能。「nissen(ニッセン)」や「MoMA STORE」、「iLUMINE」など大手サイトをはじめ、約150のショッピングサイトが提携している。

撮影した画像で即商品を検索!の画像をもっと見る

 「FINDDOG」はカメラを起動し服や靴、バッグ、インテリアなどを撮影すると、画像とデータベースが保有している商品情報との自動照合を行い、100万点にも及ぶ商品の中から希望に近い商品や類似商品を検索してくれる。画像検索機能の他、楽天市場やYahoo!ショッピングとの提携から約1億点の商品から検索できるバーコード検索機能を搭載。文字を打って検索するよりも手間なく直感的に調べられる手軽さが同アプリの最大の魅力となっている。検索対象はファッションアイテムだけではなく、家具や雑貨などにも対応。検索結果は価格の安い順、高い順に並べ替えて一覧することができる他、お気に入り商品の登録や調査結果のメール転送、Twitterでの共有などが可能となっている。

 また、アプリ内のオリジナルキャラクターとして「FINDDOG(ファインドッグ)」というアプリと同名の犬のキャラクターを設定。アプリ登録時に名前を付けることができ、調べたい商品を「さがしてくるワン」と言って見つけてきてくれる。アプリの利用度合いに応じて芸を覚える育成機能も含まれており、商品検索機能だけに留まらない"+α"の楽しみを与えている。

 電通は「ユーザーが、至る所で目にする商品を、ピンときたその場で欲しい気持ちが冷めないうちに調べ、コミュニケーションをしながらネットショッピングできる、買い方の自由と利便性が広がるアプリ」として「FINDDOG」を開発。今後は、使えば使うほど情報が蓄積され、より精度の高い検索及びユーザーへの商品リコメンデーションが可能なアプリへ発展させる予定で、提携ショッピングサイトや取扱商品のカテゴリーも増やしていくという。

■アプリダウンロード:http://itunes.apple.com/jp/app/id438384378