110817NEWStetuko01.jpg毎日の通勤や移動で何気なく乗っている電車。思い返してみれば、幼い頃はワクワクした気持ちで窓の外を眺めながら、いろんな発見をして楽しんだ経験がある人も多いはず。

でも、大人になると、あくせくした毎日の中で、「電車に乗る」ことは、いつのまにか単なる移動手段になってしまっていますよね。

そんな幼心を思い出させてくれる、女子向けの鉄道ブックが、『グッとくる鉄道 見て乗って感じる、胸騒ぎポイントガイド』。日々乗っている電車って、実はこんなに興奮できちゃう! という都内の感動スポットを、女性の視点で教えてくれる一冊です。

110817NEWStetuko02.jpg

著者の鈴木伸子さんは雑誌「東京人」の元副編集長。
現在は、都市・建築・鉄道・町歩きなどをテーマに執筆活動をおこなっています。

著者いわく、電車を楽しむ醍醐味は、何といっても「体感」にあり! なだらかなカーブや急カーブの疾走感や、鉄橋を通過するときに見わたせる景色の爽快感。重量のある電車が発する独特な音、そして懐かしの踏み切り……などなど、カラダで感じて楽しむスポットがたっぷり紹介されています。

ページをめくると、都心の見慣れた駅名が目に入ってきます。ついつい自分に身近な通勤ルートや最寄り駅を探してしまうのですが、さっそくオススメスポットはと……「あったぞ!」と写真を見ても、まーったく見覚えがなかったり気づいていなかったりするのでびっくり。毎日のように通っているのに、せっかくの感動スポットをすっかり見逃していたわけです。そして実際に電車に乗ってあらためて体感してみると、なんとも新鮮な感覚! 

体感スポットを意識するだけで、想像以上の高揚感があるんです。この本を読んで電車に乗ると、自分の中に眠っていた鉄子の心に目覚めちゃう人もいるかも!? 

わたしたちの心を豊かにしてくれるのは、実は毎日の小さな感動だったりしますよね。電車に乗るだけで、気持ちがグッとあがってなんだか幸せ。鉄道という人生のお楽しみをもうひとつ、ぜひ体感してみてください!

[グッとくる鉄道 見て乗って感じる、胸騒ぎポイントガイド]

(山本貴緒)


■ あわせて読みたい
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
【本日オープン】あのメニューが食べられる!? 東京・丸の内に「タニタ食堂」オープン!
2011年12月31日までにあなたがやるべきことを教えてくれる映画『ニューイヤーズ・イブ』
パークハイアット東京で開催! 2日間限定のオーガニッククリスマスマーケットに出かけよう
日本伝統のエコイベントに出かけよう! 冬の風物詩、無形民俗文化財「世田谷ボロ市」
お気に入りのエコプロダクツを見つけよう! 日本最大級のエコイベントが開催
占星術で2012年を読み解く! 鏡リュウジさんクリスマストークショー開催
フレッシュな有機野菜と田舎暮らしに触れる! 平日は都会で週末は田舎「洗足カフェ」