自由な発言が過ぎたか?まんべくんついに中止に 長万部町長も謝罪

写真拡大




北海道長万部町(おしゃまんべちょう)のゆるキャラ「まんべくん」をご存じだろうか。カニの様な手と体が特徴的なそのゆるキャラは2003年に登場し昨年末になりTwitterを開始したことで話題になっていた。昨年10月より開始されたTwitter(@manbe_kun)は自由な発言と毒舌ぶりで話題を呼んだ。

そんな「まんべくん」のTwitterが終戦記念日である8月14日を機に大荒れとなることとなった。何故そのような事態に? それは「まんべくん」の「明日は終戦記念日だからまんべくん戦争の勉強するねッ!」というツイートがきっかけで、次の様な書き込みを次々と行ったのだ。その書き込みの一部を紹介。

・戦争のドキュメンタリー番組を見たッ!当時の日本は北朝鮮状態な件
・どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです。ありがとうございました。
・日本の犠牲者三百十万人。日本がアジア諸国民に与えた被害者数二千万人。
・クレームきたら名前伏せて晒してもいい?(^-^≡^-^)
・どう見てもサイトにアップしてネタにするのが目的だけの問い合わせ。こういうのどう思う?公務執行妨害
・さて、火に油を注いでみんなを絶望の彼方へ追いやるか...
・今日はネトウヨ釣れたよーッ!(^-^≡^-^)

など自由な発言、毒舌を超えたツイートにネットユーザーは騒然、たちまちに炎上してしまった。このツイートを見た多くのユーザーはクレームを入れ、長万部町長が謝罪する運びとなった。

長万部観光協会BLOGでは次の様に町長のコメントが掲載されている。

“このたびの「まんべくん」の戦争についてのツイッター発言については、皆様に大変ご心配ご迷惑をおかけいたしましたことを、お詫び申し上げます。
 今回のツイッター上での発言は、まんべくんのキャラクターの商標を許可している株式会社エム社のコメントであり、長万部町の公式な発言でありませんので、ご理解を頂きたいと存じます。
 しかし、町のキャラクターである「まんべくん」の発言であり、皆様にご心配ご迷惑をおかけいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。
 今後の対応については、ツイッターを運営しているエム社への「まんべくん」の使用許諾権を禁止し、まんべくんツイッターは中止となります。”

上記の「まんべくん」書き込み後には長万部町に多くの苦情が殺到したが、書き込みを行った男性は「毒舌キャラが売りで賛否両論あり理解して欲しいと」とコメント。しかしながら一線を越えてしまい「まんべくん」のツイートは中止となった。

これまでに「まんべくん」は7万5000回以上もツイートされ、フォロワーも10万人に届こうとしていた。

長万部観光協会BLOG

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。