韓国のポータルサイト「Daum」では、筆者が日本留学時代に遭遇した、日本の右翼青年との出来事について記した。それに対し、さまざまな意見が寄せられた。以下、韓国語による書き込みを日本語訳した。( )内は編集部の素朴な感想。

―――――――――――――――――――――――

●スレ主:ハルハル

 8月15日は、私たちにとっては光復節であり政府樹立の日。しかし日本にとっては終戦記念日で、そのため日本国内では、保守右翼団体の集会がたくさん開かれます。私が以前に日本で留学していたころ、ちょうど今頃の時期に、近所の公園で拡声器を付着した車両と、過去の日本軍の軍服を着て集会をする人々を見ました。20歳前に見える青年が集会の先頭で、とても情熱的に叫ぶ姿がこの上なく不思議でした。

 それから数日後、偶然 その青年に出会い、ビラを受け取るとともに、話を交わすことになりました。最初、私は韓国人だと明らかにしはしなかったのですが、感じで分かったようです。面白かったのが韓国に対する考えで、「日本は米国に敗れたが朝鮮に敗れたのではない。朝鮮は戦勝国の地位さえ持つことが出来ない国」「日韓の補償問題は解決した」などと言いました。一言でいうなら、それは当時の韓国の大統領に問い詰めろという話。とにかく日本の若い右翼が、どんな思考をしているかを知ることになった出来事でした。

 8月15日を迎えながら、独島(日本名:竹島)問題などで日韓が騒々しい昨今、その右翼青年を思い出したら心が重くなった。

―――――――――――――――――――――――

●麦畑 韓国の実力を見せれば良いです。それでもそのような声が出るでしょうか?

●eoanftksid  日本は、対馬が韓国領土であることを隠すため、逆に明白な私たちの土地の独島(日本名:竹島)を、自分たちの土地だと主張している。紛争を恐れず、果敢に対抗しなければならない。

●eoanftksid  イ・スンマン大統領は1948年8月18日と1949年1月7日、日本に対馬返還を公式要求し「韓国と日本の間には古い海上境界がある」と発言した。それは対馬と日本隠岐島の間の玄海灘。

●ウィーンボックス 逆説的だけれども、その右翼青年がそのように自信たっぷりに発言することは、日本政府や学校が歴史教育もまともにできなかったことを証明するということ。私たちの現実とは対照的であり、多くのことを考え直させますね。教育の力とは…。

●無償給食投票参加しない 日本は、絶対に近づくことはできない国。

●プー 日本には植民地による韓国の近代化を主張して、自称新知識人だとごう慢に振る舞う人が多いよね。

●ヌドギウイヨングァ 右翼だけでなく、大多数の日本人たちがそのように考えています。一般の日本人たちは、表面に表わさないだけ。内心ではそれとなく韓国をべっ視します。(被害妄想では…)

●Moonlight 日本は朝鮮戦争で再起したのに。

●キム・ミンソン 過去の反省がなく誤った歴史を学んだための、お話にならないような妄言。いつかまた戦争をしそう。

●Friendlo 個人請求権は消滅していない。その右翼青年が間違っている。

●子オオカミ 北朝鮮に対する日本の右翼の立場は?

●飛び回って たとえ私たちの力で解放がなしえなかったとしても、侵略自体を正当化することはできない。

●超古参 その国の若者の立場ならば、そのように考えることが当然。(日韓の歴史認識の違いは大きいようですね)

●亭子地区 その青年、気概がすごいですね。成人すれば大人物になる。

●カンニョン十八枚 スレ主はその右翼青年にどんな返事をしたのか気になる。

●Touchdo 日本の右翼も韓国のネットユーザーも、大差ないよ。

(編集担当:李信恵・山口幸治)