カップヌードル+ごはん=カップヌードルごはん

写真拡大

カップヌードルといえば、誰もが知っているインスタントラーメンの金字塔。長年愛されるその味は、もはやスタンダード以外のなにものでもないだろう。一方で白米(ごはん)といえば、こちらも誰もが知っている日本食の王様。ごはんだけあれば何も要らない……というごはん原理主義者も国内に多く存在するという。

さて、そんな両者ががっちりタッグを組んだ商品「カップヌードルごはん(カップヌードル味)」という商品があるのをご存じだろうか。カップヌードルと白米の組み合わせ、いわゆるラーメンライスは個人的に定番だと思っているので、この商品への期待も自然と高まるというものだ。

このカップヌードルごはんは電子レンジ調理専用の商品で、パッケージを開けると中には乾燥ごはんと具が入っている。こいつに水と具、味付けの素を入れて5分ほどチンするだけで、インスタントとは思えないようなカップヌードル味の本格的ごはん(ピラフに近い)が完成する仕組みである。フライパン調理も可能であり、そちらはチャーハン風になりそうな予感だ。

具はもちろんカップヌードルでお馴染みのタマゴ、エビ、コロチャーなど。味は本当に「そのまんま」カップヌードルで、一口目は笑ってしまうほど。ただしスープがないこの商品では若干味が濃く感じられるため、味付けの素を少なめにするなど、2回目からは多少の工夫をした方が良いかもしれない。

カップヌードルの味をほぼ100%ごはんで再現してみせたカップヌードルごはん。いまのところ醤油味とシーフード味が発売されている。個人的には、本命になりそうなカレー味を一刻も早く発売して欲しいのだが、果たして?

(中山 記男) http://airoplane.net/