<ウェルター級/5分3R>
ドゥエイン・ラドウィック(米国)
Def.判定3-0
アミール・サダロー(米国)

ストライカー同士の対戦。まずはサダローが前蹴りから左ローを見せる。ケージにラドウィックを詰め、パンチを放つも、ラドウィックもヒザを返していく。ここでサダローは組みつき、幾度となく両者が態勢を入れかえる中、互いにヒザを突き上げる。首相撲の攻防では、内側を取ったラドウィックがヒザを狙うと、サダローがダブルレッグに切り替える。

これを耐えたラドウィックは、再びケージにサダローを詰めるが、互いに距離をとり、オクタゴン中央付近で打撃の交換が始まる。ハイや右フック、ボディを見せるラドウィック。さらにミドルやハイと、蹴りではラドウィックが攻勢か。さらに左ジャブ、右フックを打ち込むラドウィックの左フックでサダローの腰が一瞬落ちる。

組みついてケージにラドウィックを押し込もうとしたサダローだったが、打撃戦に戻ると、ボディへのフック、右フック、左ハイ、もう一度左ボディを受け、主導権を握れないまま初回を戦い終える。

2Rはサダローの左ローでスタートした。そのローにパンチを合わせようとするラドウィックに前蹴りを見せて、距離を取ろうとするサダロー。しかし、蹴りも使えるラドウィックは、間合いを詰めてパンチの距離に持ち込む。

近距離ではヒザも見せるラドウィックに、サダローは地道にローを蹴り続ける。ラドウィックはやや動きが落ちたが、テイクダウン狙いを切ると左フックを放っていく。すると、ローを受けながら、右を出すラドウィックが再びボディを効かせる。

左インサイドローで、ラドウィックの左足を狙い撃ちにするサダローが攻勢に出るかと思われたが、左フックを受けて動きが止まってしまう。ここでもテイクダウン狙いで、ラドウィックの攻撃を止めにかかるが、残り1分、反対にラドウィックがダブルレッグを仕掛ける。がぶって立ち上がったサダローは、左アッパーから左フック、右エルボーを受ける。

後ろ足の前蹴りをかわされたサダローは、ペースを握り切れないまま試合は最終ラウンドへ。「ローからパンチにつないでKOを狙え」とセコンドの指示を受けたラドウィックに対し、サダロー陣営はラドウィックが疲れたと判断している。

テイクダウン狙いをしっかりとスプロールしてみたせラドウィックだが、ローで姿勢が乱れる。サダローは左ローから放った右ハイをブロックされ、ここでもテイクダウンを狙うが、これもラドウィックが防ぐ。

サダローの前蹴りを顔面に受けたラドウィックだが、テイクダウンに拘るサダローの戦法に救われたかのように、左、右ハイを見せる。クロスの精度が高いラドウィックは、蹴りで苦しんでもパンチで盛り返す。

残り1分、フックの打ち合いは互角に。続く左フック、左ローでサダローが後退すると、ここでラドウィックが、ダブルレッグで尻もちをつかせる。残り10秒、ガードを取ってしまったサダローは、攻める手段にバラつきが見られたままタイムアップを迎えた。

裁定はジャッジ3者とも29-28のスコアで、ラドウィックが判定勝ち。打撃だけではなく、テイクダウンを褒められた勝者は「僕はプレイヤーじゃない。ミックスマーシャルアーチストなんだ」といい、計量に続き、今度はジョー・ローガンのフィギュアにサインを求めた。