<バンタム級/5分3R>
ジェセフ・ベナビデス(米国)
Def.判定3-0
エディ・ワインランド(米国)

サウスポーからオーソドックスにスイッチし、ローを見せたベナビデスは、さらに左ミドル、ローを見せる。ワインランドは、惑わされずにベナビデスの前進にパンチを打ち込んだ。

リーチの長さを上手く使うワインランドに対し、ベナビデスは前蹴り、ローから右フックを放っていくも、なかなかテイクダウンンの距離に入れないベナビデスは、踏み込んでから右を放った際、その前腕がワインランドの顔面を捉える。

さらに左を打ちこんだベネビデスが、ワインランドの動きを止めると、鼻血がしたたり落ちるワインランドは、何度か鼻を気遣うシーンを見せる。スイッチを続けるベネビデスに対し、鼻を気にしてか攻めあぐねるようになったワインランドは、終盤にパンチを見せて初回を終えた。

2R、距離の取り合いが続くなか、ベネビデスの前蹴り、ローがワインランドを捉える。すると、ワインランドのパンチが目に入ったとアピールをしたベネビデスに、ワインランドが距離を詰めて追い打ちを掛け、レフェリーがブレイクを命じることなく、試合は続いた。

ゆっくりした動きから、一気にスピードを上げてワンツーを見せるベナビデスは、この試合で初めてテイクダウンを仕掛けたが、ワインランドが受け止める。再び組み合いの展開になると、ベナビデスが首投げを仕掛けるもすっぽ抜け、すぐに立ち上がったベナビデスは、距離が近づくと左を打ち込み、ローシングルでテイクダウンを狙い、ワインランドをケージに詰めたところで2Rがタイムアップに。

最終回、小気味よいワンツーを打ち込んだベナビデスは攻め時にスリップするも、続いて右をヒットさせ、ワインランドがケージに下がると、滞空時間の長いフライングニーを放っていく。ワインランドは、これを受け止めるも、ベナビデスのギアが一段上がった。

鋭い蹴り、スピニングバックフィストを見せ、ローシングルのフェイントでワインランドに大きく反応させる。右ロー、シングルのフェイント、左ハイと上下に攻撃を散らすベナビデスに、残り90秒でワインランドの左がヒット。さらに、ベナビデスのダブルレッグを切り、ギロチンを仕掛けたワインランドだが、ベナビデスもすぐに反応し、距離をとる。

残り20秒、足を使ってワインランドとの距離を取ったベナビデスは、最後まで自分のペースで戦いフルマークで判定勝ちを手にした。