TVアニメ「日常」絶賛放映中!(画像:amazon.co.jpより)
(C)All rights reserved. KADOKAWA GROUP PUBLISHING CO.,LTD.
(C)あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所


TVアニメ「日常」が4月からチバテレビほか各局で放映されています。

※あらゐけいいち先生原作の「日常」は角川書店「月刊少年エース」に連載されている漫画作品であり、女子高生等の非日常な「日常」を題材にしたギャグ漫画です。
原稿用紙を切らした後は…BL漫画の執筆中、相生祐子のミスにより原稿用紙を切らした長野原みお。原稿用紙の購入を相生祐子に託しますが…。

その途中経過が、なかなか出掛けないで小ネタに走る、水上麻衣は帰る、東雲なのはBL漫画で赤面のあまり卒倒、さらに甘酒を買ってくる、原稿用紙の紙を間違えて購入等、実にイライラさせる展開を繰返し、長野原みおは大激怒。

しかしながらそれらは前振りで実は漫画用原稿用紙を購入してきた相生祐子に長野原みおはこう言います。「許してヒヤシンス」と。
今回の「許してヒヤシンス」!今回のBL漫画の投稿の締め切りは明日、そんな漫画家の修羅場にこのような悠長な対応をする相生祐子に対して長野原みおは切れてしまいます。

しかしながら、これらの相生祐子の行動について長野原みおは相生祐子のみを責められません。なぜなら、相生祐子のこれまでの行動を長期間散々目の当たりにしてきたうえで相生祐子に依頼しているのですから、これらの事象は起こりうるべくして起こっているのですから。

最後に一応漫画用原稿用紙の購入という目的を果たした相生祐子ですが、決して褒められません。というのも一刻を争う状況で悠長な前振りをしているのは相手を怒らせて当然なのですから。

でも一番の問題点は長野原みおが全て一人でBL漫画の原稿を仕上げて投稿すれば良かっただけではないかと。それを締め切りぎりぎりまで完成させないのは長野原みおは漫画家としてのプロ意識に欠けると言わざるを得ません。

※これはライターも同じで締め切りの厳守は絶対条件です。それはプロの必須条件の一つなのですから。

「日常」、第21回へ続きます。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
時定高校新聞(日常公式Webサイト)
日常 1 (角川コミックス・エース 181-1) [コミック]

■関連記事
【アニメ】「輪廻のラグランジェ」アニメ化決定!
【アニメ】「チーズスイートホーム」CS再放映
【アニメ】「モーレツ♡宇宙海賊 (パイレーツ)」2012年アニメ化決定!
スクエニ業績不振、ゲーム業界のゆくえは如何に?
ナインティナイン岡村隆史、ラジオ番組でツイッターに対して・・・