(ネタバレ注意)アニメ「いつか天魔の黒ウサギ」第6話、男の意地と、女の夢

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
(C)2011 鏡貴也・榎宮祐/富士見書房/宮阪高校生徒会

第6話「すれ違いの 《課外》 授業」アニメ「いつか天魔の黒ウサギ」第6話が放送された。

黒魔術入門書を読んでいたが、意味がわからない。

自宅で悪戦苦闘をしていた大兎。生徒会長・紅月光から無断で借りてきたそれをずっと読み更けていたが、全く理解できなかった。
 
大兎はプライドを捨て、月光に頭を下げて内容を教えてもらおうと考え、さっそく生徒会室へ行き月光に教えを乞う。しかし大兎は低能な猿呼ばわりをされて、月光も本当は理解できていないのではないかと悪態をつく。

そして、理解している証拠として、大兎は月光の黒魔術により燃やされるのだった…。

面白い事なら、混ぜてほしい大兎はトイレに駆け込み、水をかぶって炎を消していた。しかしその時、同じくトイレに入ってくる者がいた。

自称不良の少女・碧水泉。大兎は、間違えて女子トイレに入ってきてしまった事に気づき詫びるが、泉は大兎の事を知っており、自分も生徒会に混ぜて欲しいと唐突に打ち明けるのだった。

いつもよりさらに積み上がったお弁当教室に戻ると、大兎を遥の積み上がった弁当箱が待っていた。今日も早起きして作りすぎたから、大兎に食べてほしいのだとか。

そして、「それを食べなければ、わかっているだろうな。」と、クラス全員の視線が大兎に集中する。
 
しかたなく大兎はそれを口にする。そしてそれはとても美味だった。素直に喜ぶ大兎に、遥が、そしてクラスじゅうの生徒達が手放しで喜んだ。そんな中だった。ヒメアが教室に入ってきて、大兎に一言。
 
「大兎、ね、デートしよ♪」

俺にはまだ、ヒメアを守る力は無いから今回、大兎への恋を全力で応援するクラス一同や、負けず嫌いの月光と美雷のデートも大きな見どころでした。UFOキャッチャーやカラオケに意地になる月光の姿は、なかなか見れないかもしれません。

そして、ただひたすら大兎と一緒にいたいヒメアですが、大兎には目的がありました。それは、強くなる事。
 
好きな女に守られっぱなしで何も出来ず、苦い思いが続いており、大兎は焦っているように思えました。

強くなりたい一心で、空手道場やボクシングジムなどに乗り込む大兎。彼は、そこで何を手にするのか。そして、ヒメアが本当に望んでいるものとは…?

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
いつか天魔の黒ウサギ
いつか天魔の黒ウサギ Blu-ray 第1巻


■関連記事
スペクタクル乙女アドベンチャー!PS3&PSP「BEYOND THE FUTURE -FIX THE TIME ARROWS-」
劇場版「けいおん!」特典付き前売り券が6種類追加決定!
MMORPG「TERA」30日利用3,000円に決定!キャンペーンも実施中
高橋名人も登場!「超次元ゲイムネプテューヌmk2」PV第3弾公開!
コナミPSP新作「戦律のストラタス」プロモーションムービー公開!