(ネタバレ注意)アニメ「ダンタリアンの書架」第6話、千年たっても愛し続ける男達。

写真拡大


(画像:amazon.co.jpより)
(C)2011 三雲岳斗・Gユウスケ・角川書店/ダンタリアンの書架制作委員会

アニメ「ダンタリアンの書架」第6話が放送された。
 
第6話では、ヒューイを上官と慕う御曹司・アルマンが入れ上げている娼婦・ヴィオラがアルマンに幻書を要求した事について、ダリアンとヒューイはその真相を確かめるべく、ヴィオラに直接会いに行きます。しかし彼女が幻書を求めるのにも、そうせざるを得ない理由があったようです。

第6話「魔術師の娘」ヒューイを元上官と慕う採伐の御曹司・アルマン。彼はヒューイ達の元へ、幻書を譲って欲しいと駆け込んできた。
 
何でも、彼が入れ上げている高級娼婦のヴィオラに求婚した所、幻書を要求されたのだとか。

求婚相手に幻書を要求したという娼婦に興味を持ったダリアンは、さっそくヒューイとともに、アルマンの案内でその娼婦の元へ向かうのだった。

財閥の御曹司・アルマンを虜にしたヴィオラ公園通りにある美麗な邸宅。使用人に案内され、ヴィオラの部屋へと向かったダリアン達。そしてそこにいたのは、清楚で儚げな容姿を持つ美女だった。

しかしダリアンは、彼女の美しさなど気にもせず、率直に尋ねた。
 
「何故、幻書を求めたのですか。」

ヴィオラは、アルマン以外の4人の求婚者にもそれぞれ別々の幻書を持ってくるよう、要求していたという事実を、ヒューイとダリアンはアルマンが知らない間にすでに調べ上げていた。
 
しかし、ヴィオラもまた知っていた。九十万と六百六十六冊の幻書を封印した幻の図書館、ダンタリアンの書架を統べる”黒の読み姫”ダリアンを…。

翼を持つ侵入者何故ダリアンの素性を知っているのか、ヴィオラの豊富な知識の謎について訪ねていた所、何者をも焼き切る”光”が3人のいるバルコニーを襲った。光をはなった正体は、巨大な翼を持つ、ドレスを着た女性だった。

彼女はヴィオラに言った。もうすぐ伯爵がヴィオラを連れ戻すために、もうすぐこの地にやってくるのだと。そして、次の満月の夜までに、帰還の準備を整えよと…。

巨大な翼を持つ女性へ拳銃で応戦するヒューイだが、彼女は構わずその場を去るのだった。

警告なのか、予告なのか。絶世の美女からの要求。それに応えられるのは男としての幸せかもしれませんが、ダリアンは千年もの前にあった東洋のお伽話”竹取物語”を例に出し、”男とは千年も前から女のわがままに振り回さ続けている、進歩のない馬鹿な生き物”と罵ります。

もっと罵って欲しいと思ってしまうのは何故でしょうか。

そしてヴィオラの言葉を全く疑わずに、言われるがままに幻書を差し出し求愛する5人。おそらくこの5人は、この場で先程現れた翼を生やした女の放つ光で蒸発させられようと、悔いは無い事でしょう。

今回は、美女の為に生きる、男の生き様のあり方を見た気がします。

”伯爵”とは何か、ヴィオラも知らない様子。3年前までの記憶が全くないというヴィオラだが、彼女は自分の持つ”知識”が、5つの幻書を探させているのだという。そして、何故5つの幻書が必要なのか、彼女自身にもわからないのだと。

そしてヴィオラの元へ、幻書を持つ求婚者5人が集まった。これから、何が起こるのか…?

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
ダンタリアンの書架
【Amazon.co.jp限定ダリアン コルクコースター付】 ダンタリアンの書架-Blu-ray 第1巻 [Blu-ray]

■関連記事
【コミケ80】日本一の同人イベントに行ってみた結果がこれだよ!! その2【#c80】
(ネタバレ注意)アニメ「まよチキ!」第6話、愛憎劇が渦巻く文化祭
【アニメ】「NO.6」第6話は帰郷な展開!(ネタばれ注意)
声優・鈴村健一さんと坂本真綾さんがご結婚
【アニメ】OVA「アッセンブル・インサート」AT‐Xで放映なのだ!