密やかな危機(画像:amazon.co.jpより)
(C)あさのあつこ・講談社/No.6製作委員会


平成23年7月期「NO.6」がフジテレビその他で放映されています。

※本作品は、あさのあつこの近未来SF小説で理想都市「NO.6」の高級住宅街「クロノス」と「ロストタウン」を舞台に語られる出来事をテーマにしています。
沙布、帰る沙布は祖母の死のためNo.6へ帰ってきます。そして祖母と無言の再会。

しかし、何か違和感が…。祖母の遺品で何かが足りないのです。沙布は無機質なNo.6での変化を感じ、紫苑を調べますが彼のデータは抹消・重犯罪者扱い。そこで紫苑の母、火藍の元を訪ねますが…。

火藍から紫苑の僅かな情報を聞き出し、路上へ出ると治安局が沙布を連行します。
イヌカシの埋葬一方、イヌカシは旧友であり兄弟である犬の死を目の当たりにします。そして、埋葬をしるのですが…。

※イヌカシにとって犬の死は肉親の死と同等と捉えているようです。

紫苑とネズミとの生活、彼らにとってNo.6は全く正反対の存在、いずれは敵対することになることをネズミは告げます。すると紫苑は…。

「No.6の壁を取り払う」

大胆な第三の選択肢にネズミも感心します。しかし、ネズミの使いの鼠が火藍からの手紙を持ってきます。

「治安局が沙布を連行した」

これを紫苑に伝えるべきか迷いますが…。

「NO.6」、次回も楽しみですね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「NO.6」TVアニメ版公式Webサイト
NO.6♯1 (講談社文庫) [文庫]

■関連記事
【コミケ80】日本一の同人イベントに行ってみた結果がこれだよ!! その2【#c80】
声優・鈴村健一さんと坂本真綾さんがご結婚
【アニメ】OVA「アッセンブル・インサート」AT‐Xで放映なのだ!
【アニメ】「うさぎドロップ」第6話は「成長の証」な展開(ネタばれ注意)
【コミック】「サライ」を読む。