わたしの木(画像:amazon.co.jpより)
(C)2011宇仁田ゆみ/祥伝社/アニメ「うさぎドロップ」制作委員会


平成23年7月期「うさぎドロップ」がフジテレビその他で放映されています。

※本作品は、宇仁田ゆみさんの祥伝社「FEEL YOUNG」に連載された同名漫画作品が原作で、2011年8月には映画化も予定されています。
小学1年生第6話、りんも小学1年生、河地大吉と入学式、記念写真を撮影しますが…。

※大吉は携帯電話のカメラ機能で撮影、しかしピンボケ。そこで二谷ゆかり(CV:大原さやかさん)がコウキくんと一緒にカメラ撮影してくれます。

大吉はりんに対して自分が生まれた頃、実家に「大吉の木」としてキンモクセイの種を植えて貰い、彼の成長と共にキンモクセイも生長していった話をします。

そして、りんは尋ねます。

「わたしの木はあるの?」

そのような話は知らない大吉ですが、とりあえず庭に「りんの木」としてビワの種を植えてみます。
りんの木は…大吉は吉井正子(CV:坂本真綾さん、りんの母親)と連絡を取り、りんの木について尋ねてみます。すると故人である鹿賀宋一が昔、植えていたような話をします(かなりおぼろげですが)。

それらしき場所へ大吉は出掛けます。すると確かにキンモクセイがありました。おそらくそれが「りんの木」なのです。

河地幸子(CV:峰あつ子さん、大吉の母親)の話から、祖父の鹿賀宋一は子供が生まれるたびに庭に木を植えていたということです。河地幸子の分も、そしてりんの分も…。

子供の成長と共に木も生長していく、そのような事を大切にしてきた鹿賀宋一。その思いはりんに伝わったのでしょうか?

りんの木と共にりんも成長する「うさぎドロップ」、次回も楽しみですね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「うさぎドロップ」TVアニメ版公式Webサイト
うさぎドロップ (1) (FC (380)) [コミック]

■関連記事
声優・鈴村健一さんと坂本真綾さんがご結婚
【アニメ】OVA「アッセンブル・インサート」AT‐Xで放映なのだ!
【コミック】「サライ」を読む。
(ネタバレ注意)アニメ「アイドルマスター」第6話、ライバルが出来るという事
ドラマ1話で70万ドル(約5,320万円)を稼ぐ米俳優とは?