「韓国語を上手に話したくて」 英国少女が舌を韓国語発音型に整形手術

写真拡大




目や鼻などを美しく見せたい、または理想の形にしたいと思う人が行う美容整形。整形大国と言われている韓国では、成人女性の半数が何らかの形で美容整形をしているとのデータもある。しかし、そんな韓国人女性たちも驚いてしまうような整形手術を英国の少女が行ったことから、現在韓国のネットでは大きな注目が集まっている。

その少女とは、イギリスのノッティンガムに住む19歳のリアンノン・ブルックスバンク・ジョーンズさん。11日付、英日刊紙『デイリー・メール(Daily Mail)』の報道によると、彼女はK-POPや韓流ドラマが大好きな韓国フリークで、学校の友人の影響でアジアに興味を持ったのだが今ではすっかり韓国にはまってしまったのだという。

しかし、彼女は学校で韓国語の勉強をしていくうち、いくつかの重要な単語がどうしても発音できないことに気がついた。また、発音できない原因が、ほかの人より少し短い自身の舌にあることも判明した。韓国語を韓国人のように正確な発音をしたいと思ったリアンノンさんは、舌の整形手術を決意。彼女の舌は平均より1センチ短かったことから、舌を長くする手術を行うことにした。

彼女の両親は、舌の整形に驚いたそうだが、一度決めたら譲らない娘の性格を知っているため同意するしかなかったという。手術を無事に終え、舌が1センチ長くなったリアンノンさんは、同紙に「今は韓国人特有の話し方ができるようになった」、「(舌の整形は)私にとって重要で、手術は私が選択したこと」と満足げに話している。

韓国のインターネット上では驚愕するコメントが多く、「英語の発音をよくするなら手術しなきゃだめ?」、「発音と舌の長さは関係があるのだろうか」などの意見が書き込まれている。また、「韓国へようこそ」、「韓国への情熱を感じる。わが国に来て、素敵な文化と人に会えるといいですね」などと舌の手術を歓迎する人も見られる。

「韓国語を流暢(りゅうちょう)に話したい」という理由で、舌まで手術したリアンノンさん。将来の夢は「韓国で生活しながら働くこと」だそうだ。

※画像:Mail Online <Student obsessed with Korea has tongue lengthened to help her speak language>より引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。