【コミック】「サライ」を読む。

写真拡大

世紀末、可憐な護衛メイドが戦う!

(画像:amazon.co.jpより)
©柴田昌弘/少年画報社


「サライ」は少年画報社のヤングキングに連載されていた柴田昌弘先生の漫画です。

本作では2007年に発生した大地殻変動「大災厄」、その後遺伝子異常とそれによる戦争により文明レベルが中世にまで戻った2041年、メイド協会から派遣された護衛メイドの「サライ」を中心とする物語です。

この作品は柴田昌弘先生お得意のハードコアエロスとメイド物を組み合わせた作品ですが、色々と考えさせられる内容が多いです。

※参考までに柴田昌弘先生は「紅い牙 ブルーソネット」等の少女漫画でアクション・SF物をメインに活躍なされていた方です。その後、青年誌をメインにしてからはハードコアエロス系の傾向が強くなっています。また「斎女伝説クラダルマ」ではそれらの傾向がより顕著になっています。

例えば、遺伝子異常により人間が20歳前に異形化する世界、正直言えばチェルノブイリの原子力発電所事故等で同じような事が動植物でも発生しています(日本でも起こりえる事態です)。そして、東日本大地震やそれによる原子力発電所の事故が現実に発生している現在こそ「サライ」を読み返してみるときかもしれません。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
サライ 19 (ヤングキングコミックス) [コミック]

■関連記事
10年続く次世代キャラクターをつくろう!「テンキャラグランプリ」開催!
(ネタバレ注意)TVアニメ「シュタインズ・ゲート」第19話、依存症
【アニメ】「にゃんぱいあ The Animation」第6話は「ウェディングピーチ」な展開(ネタばれ注意)
【ニコニコ動画】ニコニコ漫画の人気作品・茶麻『あいうら』が、8月9日発売の漫画雑誌「4コマnanoエース」誌面で連載開始!
【アニメ】「電波女と青春男」AT‐Xで放映なのだ!