TOEIC990点満点を27回取った男の“英語術”<前編>

写真拡大

 TOEIC990点満点を27回更新。今や「イングリッシュ・モンスター」としてメディアにも引っ張りだこの菊池健彦さん。しかし、その裏にある経歴は決して華々しいものではなく、なんと英語は34歳から7年間の引きこもり時代にマスターしたものであるという。

 そんな菊池さんが今回著したのが、『イングリッシュ・モンスター菊池の新TOEICテスト英単語1000』(扶桑社/刊)だ。TOEICを受ける際には必ず抑えておきたい英単語が収録されている本書は、TOEIC受験者にとって大きな味方になるだろうが、どうして「単語」を重要視するのか?
 2回にわたってお送りする菊池さんへのインタビュー前編は、本書を出版した経緯やTOEICを受け続ける理由について話していただいた。


■TOEIC出題者と戦うのが「楽しい」

―「イングリッシュ・モンスター」としてメディアなどでもご活躍されていますが、やはり最近の生活は変わりましたか?

菊池「何も変わっていないです(笑)。ちょうど去年の今頃くらいから、雑誌で取り上げていただいたり、テレビに出演し始めて、普通に自転車に乗ったり、喫茶店で英語を勉強できるのは最後かなと思って、半分おののいて半分楽しみにしていたんですが、結局何も変わっていません(笑)」

―気付かれるということはありませんか?

菊池「ないですね。今、フジテレビの『ザ・ベストハウス123』という番組にセミレギュラーとして出演させていただいていますが、あのメンバーの中で普通にゆりかもめに乗って気付かれないのは僕だけですよね。ある種、屈折した優越感です(笑)」

―普段、英語を勉強されるときは、どのような場所で勉強されるのでしょうか。

菊池「そのときによりますね。自分ひとりで勉強していた頃みたいに、家で新聞や雑誌を読んだり、テレビで英語聞いたりしています。少し前まではネイティブのアメリカ人やオーストラリア人と組んで教材を作ったり、(英語の)レッスンをしていたので、しゃべる機会も多かったんですが、今はしゃべる機会がまったくないのでちょっとあせっています」

―今回、出版されました『イングリッシュ・モンスター菊池の新TOEICテスト英単語1000』についてお話をうかがいたいと思います。まず、本書を出版する経緯についてお聞かせ願えますでしょうか。

菊池「今年のはじめに最初の本(『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』)を出させていただきました。こちらはTOEICとは直接関係のない内容になっているのですが、ありがたいことにかなりの方に読んでいただけたんですね。そして、もう少し詳しい話を聞きたいという話をもらいまして、英語を習得するならば、やはり単語は避けて通れないというのが自分の中にあったんです。
ものすごく乱暴な話をしますと、英語はある種、ボキャブラリーとの戦いに尽きると思うんです。文法も聞き取りも、もちろん勉強しなきゃいけませんが、やはり単語の量は大きく左右します。例えば、ネイティブスピーカーでも、英語を勉強している人、していない人でだいぶ(語彙力が)違いますね。単語というのは日本語の漢字と似ているところがあります。日本語をよく知っている私たちでも、知らない漢字はたくさんありますよね。それと一緒なんです。ただ、難しい漢字を知らなくてもある程度はコミュニケーションが取れてしまいます。ただ、英語の場合、ネイティブスピーカーでも単語を知らないからという理由でビジネス上のEメールのやりとりができないということが山のようにあります。同じように日本人もボキャブラリーと対決せざるを得ません。必ずどこかで、(単語と)直面しないといけなくなります。また、単語に限らず、今出版されている英語の教則本は、みんな、『こうすると簡単だよ』『こうすれば効率的に覚えられるよ』という感じで、効率的という言葉が出てくるんだけど、それで戦えるのかなと思いますけどね」

―確かに今の教則本は「効率」という言葉が躍っているようにも見えますね。

菊池「10年間、900点超えてきた人から300点台で苦しんでいる人、たくさん会って話す中で効率的な勉強法で点を取ってきた人はほとんどいませんよね。
でも、メディアの方には、『「こつこつ地道に頑張りましょう」では売れないんですよ、先生』と言われますし、それはそれでお金稼がなきゃいけないから理解はできるけれど、特にボキャブラリーについては『これは覚えなくても良い』『これが効率的な覚え方』という本が多いように思えるんです。やはり単語は地道に覚えていく方法しかないですし、そういったことを説いている本は僕の中ではなかったので、この機会に作らせていただきました」

―この本の帯には990点満点26回と書いてありますが、その後、また満点を取られて今は27回になったそうですね。すごい数ですが、菊池さんにとって、TOEICのテストを受験するということはどういう意味を持っていらっしゃるのですか?

菊池「いろんな意味がありますね。すごく下世話な話をすると、ちゃんと英語講師としての全うなキャリアを積んできている人に対しての抗いと言いますか。僕自身は(英語の)専門知識もないし、勉強をはじめたときは34歳なのですが、留学はおろか海外に行ったこともなくて、話にならないものですから、990点を取って対抗するんです。こっち(東京)のメディアに出始めてから面白いと言ってくださる方が多いので助かっていますが、それまでは命綱でしたしね。そういうこともあるし、『なるほど、こうきたか』という一種のストーキングに近い感覚もあります(笑)」

―ゲームに近い感覚ですよね(笑)

菊池「TOEICはちょっとでも専門分野くさい文章は出さないんです。多分専門的だと一部の人だけが得じゃないかというクレームが来るのが怖いんだと思うのですが、今年の6月に出題された問題に、はじめてインターネットのプロバイダとの契約の話が出題されたんですね。僕はパソコン関係が苦手なので、日本語の契約書を読んでも分からないのに、英語の契約書なんか読んでも全然分からないですよね。ただ、幸いなことに、設問はインターネットが分からない人が答えられないような問題ではなかったのですが、そのいう問題を出してくること自体が初めてでしたね。7月は引っ込んでしまっていましたが、おそらく何回かしたらまた出てくると思います」

―何か、出題者と戦っている感じがしますね。

菊池「それが結構楽しいんですよ」

<後編に続く!>



【関連記事】 元記事はこちら
英語力を飛躍的にのばすための習慣
中2程度の英語力でもネイティブと会話できるか!?
英語習得は本当に必要か?
英語の苦手意識を克服するためには?