二次元と三次元の融合、ARカメラアプリ♪Android(TM)アプリ「萌絵のカメラ」★Android マーケット(TM)内にて配信開始

写真拡大


©GignoSystem Japan,Inc.


は、2011年8月8日(月)より、ジグノシステムジャパン株式会社からAndroid マーケット(TM)内にて販売されているAndroid(TM)アプリ『萌絵のカメラ』のご紹介。

『萌絵のカメラ』は、二次元と三次元の融合を楽しめるARカメラアプリ。イラストサイト「prism」で人気の3キャラクターと一緒に写真を撮ることができる。たくさん写真を撮ることで好感度、新密度がUPしていき、女の子との距離がどんどん近くなり、表情にも笑顔が。

クリスマスなどのイベントシーズンでは特別なメッセージも用意されているため、どんどん写真を撮って想い出を残したい。






<使い方>●シャッターボタン(or画面上のカメラ画像)を長押しすると撮影出来る。
タップだけでは写真を撮ることはできないため注意が必要とのこと。

●本アプリは、SDカード内にフォルダを自動生成して画像を保存する。
SDカードがないと写真を保存できない。

●撮影画面で本体のメニューボタンを押すと、
「キャラクター選択へ戻る」「セリフ表示のON/OFF」「ギャラリーを表示」の3つのメニューが出る。
セリフは画面上のセリフウィンドウをタップすることでも消す事が出来る。

●キャラクターの位置を調整している最中、画面から消えてしまう事がある。
その時は画面をダブルタップすれば元の位置に戻ってくる。

<絵師>
nauribon/桐原夏樹/あげきち

<Android(TM)アプリ「萌絵のカメラ」について>
【対応機種】Android(TM)OS 2.1以上
【価格】198円(税込)
【Android マーケット(TM)】


【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

萌絵のカメラ-MOE'CAMERA- - Android マーケット
【週刊】萌えドルイラストカレンダー JUICY×JUICY-prism-


■関連記事
脳梗塞治療に新たな光か、歯髄幹細胞による再生
【コミケ80】東京ビッグサイトを封鎖せよ! 偽5,000円札改め同人紙幣事件が発生
【おやつ】雪印メグミルク、福島産もも果汁使用の清涼飲料「福島産もも」を期間限定発売
【イギリス】暴動事件でアマゾンUKでは武器が爆売れ
【コミケ80】ソーシャルゲーム『萌えCanちぇんじ!』が公式グッズを販売