Facebookがゲーム機能を改善 『Google+』のゲーム公開と同時に?

写真拡大




Facebookは、「より簡単に新しいゲームを見つけ、友達と遊べる」ようにゲーム機能を改善したことを発表しました。偶然なのか、わざとなのか、『Google+』がゲーム機能を追加した直後の発表。Google VS Facebookのソーシャルネットワーク競争の熱さを感じさせますね。

Facabookブログによると、今後は友達がゲームで遊んでいるときのアクティビティは独立したストリームに表示され、メインのストリームとは分けられるとのこと。ゲームの得点などは『ティッカー』に表示されるようになり、友達がどんなゲームで遊んでいるのかを目にする機会が増えることを期待しているようです。

Facebook Gamesまた、自分が遊んでいるゲームを「誰に公開するのか」「どのゲームを表示するのか」を設定することも可能。非表示にしたいゲーム関連のアクティビティは、ストリーム上で「×」をクリックして削除することもできます。

ゲーム画面もこれまでより大きくなり、フルスクリーンモードでのプレイも可能になりました。多くのアプリやゲームを利用している場合は、最もよく利用するものをホームページでブックマークする機能も新たに追加されています。

ゲームを独立したストリームで表示する機能は、同日公開された『Gooogle+』のゲーム機能の特徴のひとつ。わずか数時間差で類似の機能が提供されたことについて、Facebookブログの当該記事には「すでにGoogle+が同じかそれ以上の機能を提供したけどね!」と、ユーザーからのコメントが寄せられているのがなんとも皮肉ですね。Facebookではすでに多くのゲームが公開されていることから考えても、ゲーム機能においてはFacebookにアドバンテージがあるはずですが、今回ばかりは発表のタイミングで『Google+』に軍配があがったと言えそうです。

※画像はFacebook Blogより引用。