『Google+』に『Angry Bird』『Zynga Poker』などのゲームがいちはやく登場

写真拡大




Googleは、6月末に公開したソーシャルネットワーク『Google+』にゲーム機能を追加することを発表しました。ゲームボタンは、近日中にストリーム上部にある「ホーム」「写真」「プロフィール」「サークル」ボタンと並んで表示されるようになる見通し。各ゲームは、サークル内のメンバーとともにリアルタイムで楽しめます。

Google+に追加されるゲームラインナップ公開予定のゲームは16種類。人気の『Angly Birds』や『Zynga Poker』のほか、『iGoogle』のガジェットにもある『Flood-It!』や『数独』などがラインナップされています。ゲームを追加したことで、ストリームがゲーム関連のアクティビティで埋め尽くされることがないように、ゲームのアップデート情報やゲームへの招待、ゲームスコアなどはゲームボタンで表示するストリームにまとめられます。

ソーシャルネットワークにおけるゲーム機能は、ユーザーの滞在時間を増加させる重要なコンテンツ。現在公開予定のゲームはまだ少数ですが、『Google+ Platform Blog』ではゲーム開発者に開発参加を呼びかけており、今後ゲーム本数を増やしていくものと思われます。