微速度ショートムービー作家・mockmoonの動画を堪能する! 第1回 ダニー・チューによって見いだされた動画のミライ

写真拡大




オタク文化を中心とした日本のポップカルチャーを世界に発信し続ける、ダニー・チュー氏(http://www.dannychoo.com/post/ja/25018/ )。氏が運営する『カルチャージャパン(http://www.dannychoo.com/feature/ja/culturejapan/ )』は、日本語はもちろん、英文、中文でも展開され影響力は絶大。その存在はCNNやBBCでもレポートされた。英国出身ながら幼少時代から日本のポップカルチャーを愛してきた氏が、その才能を見いだし、注目し続ける映像作家がいる。ここ数年、クオリティの高い微速度作品を量産してきたmockmoon(@mockmoon2000)氏だ。

今回紹介するのはTV版『カルチャージャパン』のオープニングとして制作された『未来メカニズム』。当番組はダニー氏自身が司会とディレクションを兼務するという、氏の思い入れがたっぷり詰まったもので、Tokyo MX TVとアジア全域、さらに最近では全米でのオンエアもスタートしている。その番組の看板となるオープニング映像を、楽曲を担当したvividblazeとのつながりからダニー氏の依頼を受け、mockmoon氏がたった一人で制作したのが、この作品だ。

未来メカニズム http://youtu.be/LeOl3bghNRM

どうだろう、このクオリティ!

微速度撮影(=連写された高画質の写真を1枚ずつ並べることで動画化する手法)の美しさにも目を奪われるが、アフターエフェクツによる合成といい、たたみかけるような展開といい、全編が非常に高度なセンスで貫かれている。

テレビ業界が衰退しつつあると言われる一方で、存在感を増し続けているネット動画の世界だが、何万とある作品群の中でもこれほどの完成度を持った作品は珍しい。しかもこれほどの作品を、撮影から編集まですべてをたった一人で行ってしまうmockmoon氏の腕前には、ただただ脱帽と言うほかない。

ダニー氏がmockmoon動画に初めて注目したのが、『未来メカニズム』の曲を担当したvividblaze(http://www.vividblaze.com/ )とのコラボ作品である『miniature city 2 - featuring vividblaze -』だった。vividblazeはmockmoon氏と親交の深い音楽グループで、世界観をお互いに増幅しあっているのがわかる(『未来メカニズム』はvividblazeの同名曲PVとしても発表されている)。

miniature city2 http://youtu.be/NK357O9mZPI


この作品は、mockmoon氏自身がブログなどでも触れているとおり、ミニチュア風都市撮影で知られるフォトグラファー、本城直季氏の作品に強く影響を受けた作品だ。しかしmockmoon作品は動画であるぶん、そのミニチュアっぽい動きが余計に“オモチャ感”を強調し、独特のユーモアを醸し出している。

これらの作品に関して、ダニー・チュー氏からコメントをいただいた。
 


ダニー・チュー氏からのコメント

「僕が大好きな東京を、こんなにクールに見せてくれた映像は初めてでした。肉眼では見ることのできない東京を“感じさせてくれる”映像」

「番組のオープニングをmockmoon映像にしたくて依頼したら、とんでもない映像が出来上がってきた。うれしくて何度も何度も繰り返し観た。vividblazeの曲との相性も素晴らしい!」

 

「未来メカニズム」と「miniature city 2」、いずれも震災前の東京を撮影したもので、見ようによってはこのきらびやかなガチャガチャした都市の姿は砂上の楼閣のようでもあり、シニカルな捉え方ができるかもしれない。

しかし──どうにもmockmoon動画に描かれた都市像からは、そうしたネガティブなメッセージを受け取ることができない。それはmockmoon氏自身がこの景観をとことん愛していて、そこから垣間見えてくるポジティブな日本の「未来」を強く信じているからだと思う。

それはまさにダニー・チュー氏が繰り返し発信し続けてきた「ニッポン像」と見事にシンクロするのだ。

 

mockmoon(YouTube/ Twitterアカウントは @mockmoon2000)

埼玉県在住。男性。職業はナイショ(本人談)。2006年から主に天体の微速度撮影シリーズを発表しはじめる。ちなみに天体作品のBGMであるピアノ曲は自身で作曲・演奏したもので、これも非常に素晴らしい。音楽グループ、vividblazeとの親交が深く、都市をモチーフとした作品でコラボレーションしている。

 

受賞歴

「Nature Time Lapse2  —微速度撮影まとめ2—」YouTube Video Awards Japan 2008 WOW部門 入賞

「miniature city 2 –featuring vividblaze “tight rope(floor mix)”」YouTube Video Awards Japan2009 風景・夜景・自然部門 入賞

「未来メカニズム」YouTube Video Awards Japan 2010音楽部門 ノミネート

 

 

おまけ

ダニー・チュー氏からのクイズです。

「『未来メカニズム』の中には、カルチャージャパンのマスコットキャラ・末永みらいちゃん(http://www.dannychoo.com/post/ja/1587/ )がたくさん隠されています。いくつ見つけられますか?」

末永みらい

 

 

 

 

 

 

(※正解はコチラ http://mockmoon.sblo.jp/article/42134607.html#more)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「bluesniff」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
YouTubeなどにショートムービーを投稿するかたわら、『ビデオSALON』『コマーシャルフォト』などで主に一眼ムービー関連の記事を書いています。最近では空気公団のPVをつくらせていただきました。本業はビデオディレクターです。