【擬人化アプリ】書籍「現代萌衛星図鑑」を原作としたiPhone/iPad用のサウンドノベルアプリ「はやぶさ」を制作中

写真拡大

© Copyright 2008-2009 Hands-Aid Corporation Ltd. All rights reserved.

スマートフォーン向けアプリ開発を行う株式会社ハンズエイドは、出版社三才ブックスの大ヒット書籍「現代萌衛星図鑑」を原作としたiPhone/iPad用のサウンドノベルアプリ「はやぶさ」を制作中、2011年9月下旬に配信開始する。

新たに書き足された帰還までのエピソード、擬人化されたはやぶさが実際の写真と融合し、同アプリのために作成されたオリジナル曲やBGMによってサウンドノベルとして生まれ変わる。(iPhone/iPad用のアプリ)

また、英語版の配信も予定しており、NASAですら成し得なかった偉業を国内のみならず、もっと多くの人にドラマチックに伝えるため、発信していくとのこと。

価格:価格未定(有料)




■ オープニングから引用 ■
その瞬間を誰もが待ち望んでいた。
小惑星探査機「はやぶさ」がついにイトカワに舞い降りた。
たった3発の弾丸、足りない燃料、迫る帰還ウィンドウ、
がたつく体、友との別れ、険しい地形。
立ちふさがる障害の全てを打ち砕き、彼女は自らの存在を歴史に刻み込んだ。
3億km離れたあの星に、彼女のあしあとは半永久的に残り続ける。
それは、たしかに存在した21世紀の冒険の証なのだ。

冒険が絶えたというのなら
一緒に探しにでかけよう
神の奇跡も届かない世界の端で
ボクらは夢のかけらに手を伸ばす
キミの代わりに
キミと一緒に

→ 続きはサウンドノベルにて


【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

ホーム | 株式会社ハンズエイド


■関連記事
PS3対応「HDMIケーブル」9月8日発売
【ニコニコ生放送】8/11(木)午後3時〜【MMORPG】運営の中の人が8時間生放送やってみる【リネージュ】
10年続く次世代キャラクターをつくろう!「テンキャラグランプリ」開催!
(ネタバレ注意)TVアニメ「シュタインズ・ゲート」第19話、依存症
【アニメ】「にゃんぱいあ The Animation」第6話は「ウェディングピーチ」な展開(ネタばれ注意)