「ファミコンカセット七福神」決定! 『スペランカー』『いっき』ノミネート

写真拡大

現在ヴァージン アトランティック航空はfacebook上で「ロンドンから愛 30 sec. LOVE」を展開中なんだそうで、ロンドンから愛のメッセージを送りたい人を募集中。応募者の中から2名、ロンドンから愛を叫ぶ映像をCMにしてもらえるという。CM出演者2名はロンドンまで行ってCMを撮影し、さらにそれぞれに“東京・ロンドン間プレミアム エコノミー往復航空券ペア”がプレゼントされるんだとか。

うーんオレも家でゴロゴロとゲームばっかりしていないで、いっちょロンドンに行って愛を叫んでみるか…(相手は? というツッコミはナシだ! 告白だけなら自由だァ!)と思い、同キャンペーンのfacebookをみてみることに。

すると、三度のメシよりゲームが好きなオレが気になったのは、同ページにある「LOVE “Word” Cup」というサッカーゲームである。ここに登場するドットキャラが、明らかに我が世代の男ならハマりまくったファミコンに登場するキャラソックリなのだ。どうみても『スパルタンX』(1985)に登場する主人公「トーマス」をドンキーコング風の色にしたようなのであるっ!

すっかり興奮し、もはやロンドンへ行くという当初の目的はそっちのけとなってしまったオレだが、ここで緊急開催を決定! 夕刊ガジェット通信が認定する「最強ファミコンカセットは何だ!」対談。対談参加者はライターのオレ・田中(37歳)と学校事務員の山田君(29歳)である。

「最強ファミコンカセットは何だ!」対談

田中:おい、とりあえず、面白いカセットをガンガン挙げていけ。最後に「ファミコンカセット七福神」を決定しよう。お前、どんどん挙げていけ!

山田:『ファミスタ88』

田中:バカ野郎! レールウェイズとフーズフーズが入ってて「えがわ」が異常なカーブを投げて「ぴの」の足が速い初代ファミスタの勝ちに決まってるだろ!

山田:『マリオブラザーズ』『バルーンファイト』『いっき』『ダウンタウン熱血物語』『アイスクライマー』『バトルシティー』みたいなケンカもできれば協力もできるゲーム!

田中:『いっき』はいい! 七福神入り決定だ! パッケージに描かれた腰元の気持ち悪さはゲームパッケージ史上最高クラスの醜悪さで素敵だ!

山田:『イー・アル・カンフー』『三国志』『スパルタンX』みたいな中国っぽいやつ!

田中:三国志は光栄(現・コーエー)のもいいが、ナムコの『三国志 中原の覇者』もいいぞ。あちらは戦闘が光栄のHEX戦よりも戦略性が高かったし、「ゴツトツコツ」とかカタカナ表記が間抜けで好きだったぞ。

山田:一気にいきます! 『シティコネクション』『ドンキーコング3』『ドラゴンボール 神龍の謎』『ドラゴンクエストII』『ドラゴンクエストIII』『がんばれゴエモン! からくり道中』『グーニーズ』『ロードランナー』『ボンバーマン』『忍者じゃじゃまる君』『キン肉マン マッスルタッグマッチ』『ゼルダの伝説』『スーパーマリオブラザーズ』

田中:いいねぇ! 『グーニーズ』のキャラも冒頭の「LOVE “Word” Cup」のキャラに似ていたね。『キン肉マン マッスルタッグマッチ』はテリーマンとブロッケンJr.のタッグでやるヤツはクソタレ扱いされていたな! あと、ゲームセンターにあったナムコのゲームがファミコンで出た時も感動したね! 少年ジャンプの広告に『ギャラクシアン』がナムコ発第一弾として出てきた時は「キターーーー」って叫んだよ!

山田:『ゼビウス』『ギャラガ』『ドルアーガの塔』『パックマン』『ディグダグ』

田中:クソゲーが今でも伝説として語り継がれるのもファミコンの特徴だよね。

山田:『たけしの挑戦状』『カラテカ』『燃えろ!プロ野球』『スペランカー』

田中:バカヤロウ! 『スペランカー』は名作だ!!! 単に難しいだけだ! お前は『チャンピオンシップロードランナー』があまりに難しくてクソゲー認定した口だろ! この野郎! お前! クソゲーってのは「お前にとって難しいゲーム」ってことじゃねぇんだよ。スペランカーは続編もあるほどなんだぞ! あと、個人的には『ファミリージョッキー』『火の鳥 鳳凰編 我王の冒険』もアリだな。『北斗の拳』も「あべし」を取ることによって強くなる、というのも粋な演出で好きだったぞ。あと、現在でもネットで語り草になっている『セクロス』『ポートピア連続殺人事件』(犯人はヤス)も名作だな。よーし、かなり出たのでそろそろ七福神決めるぞ!

(ここで1時間の選考作業を経て、七福神決定。選考理由も明記)

七福神決定

『ファミリースタジアム』:選手ごとの能力差が組み込まれた元祖であり、野球ゲームのシステムもファミスタが相当影響しているため。あとレールウェイズ打線が強いから

『ドラゴンクエストII』:やたらと難しいから

『マリオブラザーズ』:プレイスタイルにより、友達の性格を知ることができるから

『スパルタンX』:中ボス・ラスボス・各種技使いの存在など格闘ゲームとして先進的だったから。延々ループし続け、シルビアがつかまり続けるマヌケさも牧歌的で良い

『セクロス』:今でもネットの各所で使われていることばにまで出世したから

『いっき』:パッケージの「腰元」がブス過ぎるから

『ゼビウス』:ゲームセンターでできるゲームをカネ入れずに何度も何度もできるという感動を日本中に与えたから

というわけで、みんなも「ファミコン七福神」作ってみなよ! 楽しいよ!

■関連リンク

・「ロンドンから愛 30 sec. LOVE」facebookページ

http://www.facebook.com/30sec.love

文/田中(37歳)