110805obsession_ruin_career.jpg


仕事に熱意を持つことは一般的には良いこととされていますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。行き過ぎると、かえって自分のココロとキャリアを損なうおそれがあるそうです。

認知科学者のScott Barry Kaufman氏は、米ビジネス誌『Harvard Business Review』で、このテーマについて採りあげ、「情熱を持ちすぎることは危険だ」と指摘しています。

 

Kaufman氏によると、情熱には、「調和のとれたもの」と「強迫観念」とで、違いがあるとか。前者は、仕事が終わったら仕事から自分を切り離し、仕事以外の生活に移ることができる一方、後者は、いつまでも仕事のことが頭を離れません。

燃え尽き症候群に関する最近の研究では、2つの異なる国で、6ヶ月間看護師さんのグループを調査。その結果、強迫観念めいた情熱を持っている人は、調和のとれた情熱を持つ人に比べて、燃え尽き症候群になる確率が高いことがわかりました。この研究結果について研究チームは、「強迫観念的な情熱は他の日常生活に支障をきたし、仕事の満足度にはつながらない」と指摘する一方、「情熱に調和が取れていれば、日常生活にもそれほど支障がなく、仕事の満足度も高い」と分析しています。

さらに注目すべきは、この作用が労働時間を調整した後も機能していたこと。情熱に調和が取れている人は、リフレッシュした状態で仕事に戻り、新しい課題にも取り組む準備ができていますが、情熱が強迫観念のようになっている人は、燃え尽き症候群に陥るリスクが高いそうです。

仕事への熱意が高じすぎて、強迫観念のようになってしまったら、とにかく仕事への情熱を健康的なレベルに維持するために、何かやってみましょう。コンピュータにアクセスしない時間を作るなど、物理的に仕事から自分を引き離すのも一法。最初は不便を感じるかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずです。

仕事への思い入れが過度になってしまうと、自分自身をクタクタに疲れさせてしまうおそれがある、ということのようですね。仕事も、恋人や家族と同じように、あまり夢中にならない程度の情熱がちょうどいいのかもしれません。


Why Your Passion for Work Could Ruin Your Career | Harvard Business Review via Hacker News

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)