今年の就職活動は「楽」!? ――毎日コミュニケーションズが、2012年卒業予定の学生を対象とした調査から、「あなたの就職活動を漢字1文字で表すと?」の結果を発表した。

 厳しい雇用情勢が続く中、今年の就職活動をイメージする言葉で最も得票が多かったのは、意外にも「楽(らく)」となった。楽がトップとなったのは、リーマン・ショック前に就職活動を行っていた09年卒業学生以来。

 ただし、「楽」を選択した学生のコメントを見ると、内定が出易くて「楽だった」のではなく、「(就職活動を)楽しめた」「(さまざまな出会いが)楽しかった」という意味合いで選択した学生が多い。

 2位以下は、「苦」(2位)、「迷」(3位)、「疲」(4位)、「難」(6位)、「悩」(8位)など、やはり難しい就職状況を表す言葉が並ぶ。

 同社では、「就職活動を通じての自身の成長や新たな出会い、発見の喜びなどからこの漢字を選択しているようだ」と話している。

厳しい就活 学生の就職志望企業に変化
企業の採用計画 増加が減少上回る
新卒採用枠の拡大要請へ

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。