船上の外蛇口

写真拡大


船の上にも外蛇口がある。
今回、ある特殊な船を見学することが出来たのだが、
これまたすばらしい外蛇口がたくさんあったのだ。5つが微妙に不均等に並んだ外蛇口なんて、もう最高!
不均等とは言え、2-1-2のシンメトリーで並んでいるのだ。
もう、たまらない!



ある特殊な船と言ったが、実はひとつではなくていくつかある。
最初に見た船ではこのような業務用であった。
外蛇口なのか?と言われるとちょっと返答に困る奴だ。
おそらく水は通常の蛇口以上にたくさん出るだろうし、設備も複雑であるが
紛れも無い外蛇口と言える。



2つ目の船にはこれがついていた。
うん。。いや、外蛇口、、、だよな。
すごく勢い良く水が出てくるであろうことは容易に想像できる。
オレンジだし。



でも、やっぱりこれだよ!
抜群の安定感!!
たくさん出てくる業務用はもちろんかっこいいんだけど、
このタイプがやはり見ていて落ち着くのだ。
5つ目の船で見つけて小躍りしたくなったほどだ!



なので、また違う業務用を見つけても素直に喜べる。
うんうん。こうゆうのもありだよね。
大きさや形の違いはあれど、どれも立派な外蛇口だよ。
そのストイックな様が良いのだ。



今回紹介した外蛇口のうち、2枚目と3枚目以外がこの船で見つけたもの。
南極観測船として使われている砕氷艦「しらせ」である。
海上自衛隊の一般公開があり、船の中にも入ることができたのだ。
普段はなかなか入ることのできない場所にある外蛇口を見つけると
いつも以上に楽しい気分になる、という一例である。




■関連記事
中世の城郭を模した風俗建築(その1:ラブホテル建築の場合)
みちくさ学会黙認「マニアパレル」マンホールTリリース
たまには俺達にも言わせろ!
街に埋もれた旧地名、「金井窪」バス停と古道、川跡、駅跡など
都会のローカル線と歴史の痕跡を巡って生麦の温泉銭湯にたどり着く。 横浜市鶴見区界隈