>Vol.2 RUN&WALK 大自然を身近に体感できるコナ・マラソンの魅力&カイルア・コナで街散策

土地の魅力を肌で感じられる秘訣のひとつとして、おすすめしたいのがランニングイベントへの参加。街の魅力を凝縮したランニングコースで展開する市民マラソンは、観光のときとは違う視点でその土地の魅力を知ることが出来る絶好の機会だ。カイルア・コナでも、1994年にスタートしたコナ・マラソンが毎年6月に開催されている。

カイルア・コナの美しい海岸線を眺めながらのランニング。

土地の魅力を肌で感じられる秘訣のひとつとして、おすすめしたいのがランニングイベントへの参加。街の魅力を凝縮したランニングコースで展開する市民マラソンは、観光のときとは違う視点でその土地の魅力を知ることが出来る絶好の機会だ。カイルア・コナでも、1994年にスタートしたコナ・マラソンが毎年6月に開催されている。家族や仲間と楽しく走ることを目的とし、申し込み時に5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンを選ぶことができ、ウォーキングや車椅子、ベビーカーを押しての参加も可能。海沿いの美しい景色、漆黒の溶岩が広がる大地など、コナ・コーストならではの自然を愛でるコースが最大の魅力だ。その一部は、アイアンマン・レースと同じコースとなっていて、アスリートには憧れの風景を味わうこともできる。

18回目を迎えた2011年は、6月26日に開催され、全カテゴリーで1571人が参加(うち136人が日本人)。当日早朝、ミス・アロハ・ハワイの合図によりレースが始まると、皆、笑顔で出発。自分の体力や経験に合わせて脚力を試す人、家族や友人と思い出作りに走る人、コナの魅力を再発見するために走る人など、皆参加の動機はさまざまだが、レース中に陽気な笑顔が多いのがこの大会の特徴。沿道には地元の人々の応援もあり、レース参加者だけでなく、町全体がこのイベントを楽しんでいる。ランニング経験が浅くても、コナの自然が見せる様々な表情と賑やかな雰囲気、スポーツによる高揚感を存分に堪能できるので、年々参加者は増加。がんばって走った後は、ゴール地点で地元の子供たちがレイやメダルを首にかけてくれたり、走行タイムや順位の記録、完走者向けオリジナルTシャツがもらえたりと達成感もたっぷり。レース後は、ハワイ島に、そしてカイルア・コナという街に、通りすがりの旅人である以上の親しい感情を覚えるはずだ。

完走者は、参加ジャンルごとに違う記念のオリジナルTシャツがもらえる。また、スポナビ ハワイを通してエントリーしたランナーには、ハワイ島のUCC農園から自分の走行記録が記入されたコナ・コーヒーのプレゼントも。

地元からの参加が多く、アットホームなムードいっぱいのコナ・マラソン。出走前後には、名物コナ・コーヒーやフルーツがふるまわれるなど、小規模な大会だけに至れり尽くせりの心配りが実に嬉しい。そんなコナ・マラソンの参加に際して、英語に自信がなく手続きに不安がある人は、「スポナビハワイ」を通してエントリーすれば大丈夫。参加申し込みや前日のゼッケンを含むパケットのピックアップ代行、レース当日の日本語によるチェックイン・サポート、マランソン中の荷物預かりサービスなどが受けられる。追加料金でスタート地点までの送迎や前日夕刻のコース下見、日本語での事前説明会にも参加できるので、不安を解消してレースに集中したい人はぜひお世話になってみては。来年は6月24日の開催がすでに決定。気になる人は、さっそくサイトをチェックして。

Kona Marathon 
スポナビハワイ 
(写真左)古きよきハワイのムードを残すKona Inn Shopping Village。  (写真右)ファーマーズ・マーケットには、もちろんウクレレも。ローカルなグッズは見ているだけでもわくわく。

"足で探す"という言葉どおり、旅先でその土地ならではの魅力を発見するには、自分の足で動いてみるのが一番だ。のんびりぶらぶら散策して、思わぬ素敵な店を見つけたり、その場所ならではの光景に遭遇したり。車で通り過ぎてしまうにはあまりにももったいない風景が、旅先にはたくさん待っている。カイルア・コナのように小ぢんまりとした街なら、迷う心配がないだけに散策にはぴったり。目的など特に持たず、時間の許す限り行き当たりばったりの出会いを思い切り楽しみたいものだ。

カイルア・コナのアリイ・ドライブ沿いで開催されるファーマーズ・マーケット。

カイルア・コナは、ハワイを統一したカメハメハ大王が余生を過ごそうと決めた場所。この街の中心を貫くアリイドライブは、かつて王族しか住めなかったという由緒正しいエリアで、現在はメイン・ストリートだ。様々なショップやレストランが立ち並ぶなか、ひときわローカルな輝きを放っているのが1928年に建てられた老舗「Kona Inn Shopping Village」。キュートな子供用アロハが見つかる「Kona Inn Children's Wear」や、パレオや食器、洗練されたインテリア小物、ローカルの素材で作られたソープなどが揃った「Tropical Heat Wave」、海の恵みが凝縮したイスラエルのコスメDeep Sea CosmeticsとAVANIがラインナップされた「Ocean Beauty」など、ちょっと懐かしいデザインの建物に50もの店舗がコンパクトに詰まっている。

近くでは、ファーマーズ・マーケットが開催されていてローカル食材も揃うので、ぶらりと歩きまわって、地元の食べ物をつまんでみるのもおすすめだ。アリイ・ドライブ沿いには、カイルア・コナのランドマークであるハワイ最古の教会・モクアイカウア教会が佇んでいたり、地元色たっぷりの店が立ち並んでいたりするので、リラックス・ムードでそぞろ歩けば、いつまでも記憶しておきたい景色やお気に入りのお土産にきっと出会える。

・Kona Inn Shopping Village
 75−5744 Alii Drive Kailua-Kona HI
歴史ある場所に建つオーシャンフロントのシェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾート&スパ。

コナを満喫するための、ウォーク&ラン。その拠点とするなら、シェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾート&スパはいかがだろう。街の中心部から少し離れた歴史地区・ケアウホウにあり、静かなリゾートライフを実現できるが、ロビー発着の無料トロリーで街へ出かけるのも実に気軽。

もちろん、施設内でも大きなオーシャンビューのプールで泳いだり、レイ・メイキングやフラなどのハワイ文化を親しめる無料プログラムなど、滞在型の楽しみもいっぱい。ホテルの目の前に広がる海には夜になると、ホテルが照らすライトに集まってくるプランクトン目当てに、野生のマンタ・レイ(オニイトマキエイ)がやってくる。ここで出会える世界最大のマンタ・レイも、ハワイ50選のひとつ。ホテル内にある海に面したManta Ray Bar&Grillのデッキ側では、陸にいながらマンタ・レイを観察することができるチャンスも。だが、彼らと一緒に泳ぎたいなら、ホテルからすぐ近くの海で開催される「マンタ・ナイト・シュノーケル」にぜひ参加を。泳ぎに自信が無い人でも、安全にシュノーケリングができるよう浮き具も揃っているので安心。野生のマンタと高確率で泳ぐことができるプログラムは世界でも数少なく、参加した誰もが最高潮の感動を覚えるおすすめアクティビティだ。

"新しい始まり"という意味をもつケアウホウは、カメハメハ3世が生まれた特別な場所でもあり、命に関わる大病をした際にもこの海の水で癒されたという逸話を残すもうひとつのパワースポット。文化、歴史が今も残るこの地で、自然の醍醐味と癒しのひとときを実感してみて。

シェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾート&スパ 

>>大自然を駆け抜ける ダイナミックな旅 Big Island Of Hawai'i

>>CONCIERGE ハワイの達人はチェック! JALで行けばもっと楽しいハワイ

>>Vol.1 POWERSPOT of NATURE 強大なパワースポットで、地球と宇宙の力強いパワーを感じる

>>Vol.2 RUN&WALK 大自然を身近に体感できるコナ・マラソンの魅力&カイルア・コナで街散策



■関連記事
OMIYAGE GUIDE in OAHU オアフ島で買いたいお土産!
Winter season on OAHU:冬のオアフ島の楽しみ方(12月〜3月)
Vol.5 究極のリゾート オアフに集まる世界のグルメ
Vol.4 移民の島ハワイのソウルフード・ヒストリー
Vol.3 ハワイ食のルーツと伝統