毎日コミュニケーションズは、2012年卒業予定の学生を対象とした「2012年卒マイコミ内定率調査」の調査結果を発表した。

 4月以降、内定(内々定)率は毎月前年を大きく下回っていたが、7月の内定率は前年同月比1.5ポイント減の53.0%となり、ようやく前年と同水準に回復した。

 文理系・男女別では、文系男子54.3%、理系男子59.9%、文系女子45.8%、理系女子54.1%となっている。

 また、内々定先に満足し活動を終了した割合は、前年比0.8ポイント増の71.6%と微増し、こちらも前年とほぼ同じ数値となった。

 調査は、同社が運営するマイナビ2012の会員を対象に、2011年7月27日〜8月2日の期間、ウェブアンケートで実施し、5210件(文系男子1716人、理系男子1352人、文系女子1650人、理系女子492人)から回答を得た。

早期の就職活動者の内定割合は高かった
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
卒業後3年以内の新卒扱い 賛成企業は4割弱

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。