日本は25本限定 デザイナー愛用V&R眼鏡がゴールド仕様で販売

写真拡大

 「VIKTOR & ROLF(ヴィクター & ロルフ)」が8月20日、デザイナーが愛用する70-7004のフォルムを使用した限定のオプティカルフレーム「K18 SOLID GOLD LIMITED EDITION」を発売する。70-7004は、ブランドのアイウェアコレクションのなかでも最も定番かつ人気を誇っているアイテム。限定フレームはシリアルナンバー付きでアジア限定50本、そのうち25本が国内で販売。シリアルナンバーの0(ゼロ)はデザイナー達が使用している。

V&R人気眼鏡が限定アイテムにの画像をもっと見る

 限定のオプティカルフレームのフォルムには、デザイナーViktor Horsting(ヴィクター・ホスティン)とRolf Snoeren(ロルフ・スノラン)両氏のトレードマークである70-7004を採用。「K18 SOLID GOLD LIMITED EDITION」はこのフォルムの左テンプルにK18ソリッドゴールドで造られたブランドアイコンである蝋封を施し、独特のヴィンテージ感に存在感を与えた逸品に仕上げている。濃紺のテンプルの内側には、デザイナーの手書きサインがゴールドで記され、反対側のテンプルにはリアルナンバーが印字。金色のアイコンの入った特別ケースなど、付属品も限定モデルならではの仕様となっている。アジア限定で発売される限定フレームは、全50本で、限定モデル証明カードなども付属する本格限定アイテムとなっている。価格は56,700円。

 「VIKTOR&ROLF」のアイウエアコレクションは2004年、日本で発表。福井県坂井市で眼鏡・サングラスの企画・製造を行う「村井」が手がけており、銀座三越店や梅田阪急店をはじめとした直営店やアイウェアショップで展開している。2010-11年コレクションは第23回メガネの国際総合展IOFT「アイウエア・オブ・ザ・イヤー2011」のサングラス・スポーツグラス部門で入賞するなど、高い評価を得ている。