ドラクエ25周年でゲーム史上初の本格展示を実施、「ルイーダの酒場」もオープン

写真拡大

 「ドラゴンクエスト」の誕生25周年を記念した展覧会「誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展〜勇者の数だけ冒険がある〜」が、東京・六本木ヒルズ内の森アーツセンターギャラリーで開催される。"ドラクエ"の愛称で親しまれるシリーズの歴史を振り返るとともに、ゲームの世界観や手法、社会的な影響などを紹介。会期は、2011年10月8日から12月4日まで。

ドラクエ25周年関連グッズ集結の画像を拡大

 展覧会では、シナリオとゲームデザインを手掛ける堀井雄二氏による直筆の制作仕様書や、"ドラクエ"のキャラクターデザインを担当した漫画家・鳥山明氏による原画、ゲーム音楽を担当する作曲家のすぎやまこういち氏の楽譜など25周年のアニバーサリーを祝う豪華展示物が集結。そのほか、懐かしの関連グッズや日本を代表するゲーム"ドラクエ"が巻き起こした社会現象について当時の資料や記事を交えて紹介する。また、同時に「ルイーダの酒場」をイメージした「LUIDA'S BAR」も限定オープンする予定。

 1986年に発売されて以来、全シリーズの累計出荷5,800万本を誇るロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」。「誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展〜勇者の数だけ冒険がある〜」には、「アドベンチャー・コーナー」が設けられており、来館者全員が"職業選択"し「冒険の書」を手にすることができるなど、"ドラクエ"の世界観を楽しむことができる。ファンはもちろん、ゲームを体験したことのない人や子供まで楽しめる参加型の展覧会はゲーム史上初となっている。

■誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展
会期:2011年10月8日〜12月4日
場所: 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 52階)
住所: 東京都港区六本木6-10
アクセス: 六本木駅(日比谷線:1C出口)(都営大江戸線:3番出口)
URL: www.dq25ten.jp/