さる7月28日(木)〜8月1日(月)の5日間、西武池袋本店7Fインテリアフロア催事場にて開催された『Interior Lifestyle at SEIBU』が、出展者数、来館者数ともに前回を上回るなど、大盛況のうちに幕を閉じた。
出展者からも達成感のあるコメントが多数集まった。■ファーストチェア・フェロニエ代表 インテリアデザイナー・横田奈津子氏
弊社は6月にインテリアライフスタイルのNEXTに出展した。今回は、お客様に直接売ることの出来るチャンスであること、そしてインテリアのレベルが高い西武池袋本店で売るチャンスであることから出展を決めた。面白いものを求めるお客様が集まる中、弊社の商品への反応も非常に良く、Web サイトを事前に見て足を運んでくれた人もいた。今までも百貨店に出店する機会があったが、売り上げもお客様の反応も今回が一番良い。他の出展者からも色々学ぶことができた

■株式会社マックマー(初出展) 金子美恵子氏
初出展となった今年6 月のインテリアライフスタイルで直接商品を購入したいという声を聞き、消費者向けのInteriorLifestyle at SEIBU での反応にも興味を持って参加した。実際に商品への反応はとても良く、新製品であるT-Free(ティーフリー)は1 日約100 個も売れた。茶葉ばなれの中、美味しいお茶を知って欲しいという思いで生まれた商品を、直接消費者に販売できる、大変貴重な機会となった

■株式会社三栄水栓製作所(初出展) 寺下景氏
弊社は水栓会社だが、ジャンルの違う商品として、アクア栽培キットie・na(イエナ)を販売している。この商品を業界、消費者共に、広く知ってもらいたいと考え、今回出展を決めた。商品の反響は非常に良かった。そしてガーデニングの需要があるとわかっていたが、実際にお客様と接し、実際の需要、潜在的需要、どちらも予想以上に高いことがわかった。様々な意見も聞くことができたので、今後の商品展開にも活かしていきたい

■有限会社シーブレーン(初出展) 牛島孝氏
弊社は時計を扱っているが、普段扱ってもらう店舗ではバリエーションを見せることが難しいため、自分達の見せたい商品を多くのお客様に見てもらう機会として今回初参加した。インテリア商品の中で自分達の商品が売れるのか、という懸念もあったが、商品を見て衝動買いして頂くなど、結果は予想以上であった。また、今までレディースの商品のみで、時計のフェイスも小さいものだけであったが、現在試作中の大きいフェイスのものへの要望、またメンズ商品への需要があることもわかった。今後の商品づくりに活かしていきたい。

■八幡化成株式会社(連続出展) 営業部長赤浩志氏
同イベントは、お客様の反応が直接得られるのが大きな魅力だ。今回も新製品がどのように売れるかわかるなど、得るものが多かった。昨年より売り上げも大きく伸び、同イベントが更に充実し、来館者が増えたことがとても嬉しい。

■株式会社テラモト(連続出展) 角晋弥氏
昨年参加し、BtoCのイベントとしてエンドユーザーに接客でき、貴重な意見を聞け、今後の開発にもつなげることができる有益な機会だと感じた。ブランドを浸透させるためには継続して出展することが必要だと思い、今回も出展を決めた。結果も大変良く、実際に“商品を知っている”“使っている”という声が聞けたのも大変嬉しい。