<フェザー級/5分3R>
マイク・ブラウン(米国)
Def.判定3-0:29-27、29-28、29-28
ナム・ファン(米国)

まずはブラウンが右を打ち込み、組みついていく。テイクダウンを切ったナムは左ジャブを伸ばし、ブラウンのパンチをステップバックだけでなく、ダッキングでかわす。前蹴りで距離を取ったブラウンが、遠い距離から組みつきバックに回り込む。

そのままグラウンドに持ち込んだブラウンは、左のパンチを連続で落とす。背中が伸び、左腕を取られてディフェンスできないナムはハーフガードで足を固められて動きも取れない。ブラウンが姿勢を変える隙にヒザを立てたナムだが、再び足を伸ばされパンチを受け続ける。

ブラウンの手首を掴もうとするナムだが、左手が自由にならないためパンチを顔面に受け続ける。ブラウンは手首を外すと馬乗りからエルボー、さらに強烈なパンチを落としていく。残り20秒になり、ようやく立ち上がったナムだが、最後も尻餅をつかされ、ピンチ続きの1Rを何とか戦い終えた。

2R、顔を真っ赤にして前に出るナムは左ボディフックをヒットさせる。ブラウンはテイクダウン狙いで、頭を押して懸命にディフェンスナムをそのままケージ際までドライブする。ナムは向き合ってバックを許さない。

左を伸ばしたナムは、右ボディフックから左を入れる。ボディが効いたか、動きの落ちたブラウンのテイクダウン狙いを切り、さらに左アッパーをヒットさせた。ボディに切れるナムだが、ブラウンは執拗に組みついていく。足をすくわれ、背中をつけたナムは、再びバックを許しそうになるが、ここも胸を合わせて距離をつくる。

ロングフックを打つブラウンはナムのボディで動きが止まると、テンプルにもフックを打ち込まれてしまう。右アッパーから左フックとパンチのコンビネーションで攻めるナムに、ブラウンは組みつく機会を伺いシングルからドライブ、ダブルレッグに切り替える。首を押して切り抜けたナムは左ジャブ、右アッパーで1Pは取りかえした。

3R、右ストレートから左ボディとパンチの連打で攻め込んだナムに、ブラウンも強烈な右フックを振り回し、ダブルレッグで尻餅をつかせる。バックに回ったブラウンに対してナムはアームロックでクラッチを切りにかかり、再び胸を合わせる。

左フックで前に出るブラウンは再び組みついていき、シングルからバックへ回り、さらに両足首をすくいに出る。距離を取ったナムはフックを避けるも、距離を詰められ組みつかれる機会が増える。残り2分を切って、ナムは左フックを決めた。ブラウンの徹底したテイクダウン狙いにパンチで距離が取れない中、再びケージにドライブされたが、胸を合わせて頭を下げる。

ブラウンは足を振り上げ、そのままバックをキープ。残り20秒となり、胸を合わせたナムは、そのままケージに押し込まれタイムアップを迎えた。ジャッジの裁定は29-27、29-28、29-28でブラウンに。最終回のテイクダウン狙いが、打撃の距離を潰したと評価を受けた形で判定勝ちとなった。