立川ブラインド工業(株)の平成23年12月期第2四半期(連結)の業績は、売上高180億4700万円(前年同期比3.3%減)、営業利益8億1400万円(同52.3%増)、経常利益8億4500万円(同43.1%増)、純利益3億7200万円(同155.2%増)であった。
セグメント別の業績は、室内外装品関連事業が売上高155億6300万円(同4.1%増)、営業利益7億4200万円(同176.1%増)、駐車場装置関連事業が売上高9億8300万円(同59.6%減)、営業利益600万円(同97.6%減)、減速機関連事業が売上高15億円(同16.9%増)、営業利益6500万円(前年同期は1400万円の損失)となった。
なお通期については平成23年2月10日に公表した予想を修正、売上高384億円(前回予想時384億円)、営業利益14億7000万円(同12億6000万円)、経常利益15億円(同12億7000万円)、純利益5億5000万円(同3億円)を見込む。