【韓国】産婦人科の食事にタバコの吸殻入りワカメスープが出てきて物議

写真拡大

韓国の産婦人科で信じられないような事態が発生し、物議をかもしている。なんと、入院している妊婦たちの食事にタバコの吸殻が入ったワカメスープが出されたというのだ。

この出来事は8月2日に韓国掲示板サイトに投稿されて発覚したもので、投稿者は「病院側がまともに補償してくれなかった。悔しい」と心境を語っていいる。この信じられない出来事を多くの人に知ってもらうべく、インターネット掲示板に書き込みをしたという。

問題があったのは、大田(テジョン)市の屯山洞(トゥンサンドン)にある産婦人科だ。投稿者によると、7月29日、出産後の妻に出された朝食に、タバコの吸殻が入ったワカメスープが出てきたそうだ。

タバコの吸殻を見つけた投稿者は激怒し、看護婦を呼びつけて問い詰めた。そして、出産および入院費用の支払いを拒否し、ただちに他の病院に移る手配を整え、その費用を全額負担するように要求したのである。

病院側はタバコの入っていた事実を認め謝罪した。ところが他の病院に移るのであれば、費用は全額きっちりと支払ってもらうと主張。そうでなければ新生児を置いていくようにと、夫婦に求めたという。

さらに病院側は「病院関係者には喫煙者がおらず、病院に不満を持つ人物が、食事が提供される過程で吸殻を入れたのではないか」と説明し、「すでに警察に捜査を依頼した」と話したらしい。

夫婦はこの病院側の対応に腹を立て、出産費用のすべてを払ってすぐに他の病院に移ったそうだ。しかし怒りは収まらず、多くの人にこの出来事を知ってもらうため、インターネット掲示板に書き込んだそうだ。

このことについて韓国のインターネットユーザーからは、さまざまな意見が寄せられている。ある人物は「警察が捜査しているのなら、その結果を見守った方が良いのではないか」や「産後の妊婦に精神的な苦痛を与えるのは許せない」など、投稿者を慰める意見を書き込みしている。

その一方で「自作自演なんじゃないのか?」や「もしも調理過程で混入したのなら、吸殻はもっとボロボロだろ。不自然だ」と、投稿内容を疑う声もある。いずれにしても、警察の捜査の結果が気になるところである。

参照元:dcnews.in(ハングル)

■関連記事