wpp1

写真拡大 (全2枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

先行きの見えない日本経済において、雇用問題は深刻化の一途をたどっています。この現状に対し、若者の間では「日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない」ともいわれており、事態の深刻さがうかがえますね…。

そこで今回は、少しでも雇用に対する不安を解消すべく、採用担当者っぽい人に「こんなヤツは採用されない!」という三カ条をお聞きしてきました。ぜひ参考にして、あなたの就職活動を有益なものにしてください!






――本日は、よろしくお願いします。

はい、よろしくお願いします。

――さっそくですが、採用担当者っぽい人の目線から見た「こんなヤツは採用されない!」という条件を教えてください。

そうですね。まずは何といっても「レスポンスが遅い人」ですね。過去にあった事例ですが、面接の後で確認しておきたいことがあり、すぐに連絡を取りたかった。しかし、連絡手段が「新宿駅東口の掲示板にXYZと書いておくと後日、向こうから連絡が来る」というかなり面倒くさいものでした…。当然、残念ながら不採用にさせていただきました。

――それはまたずいぶんとGet Wildな方ですね。ほかには、どんな人がいましたか?

やはり「自己管理ができていない人」です。過去にあった事例ですが、英語も堪能で運動神経もバツグンの方が面接にいらっしゃいました。ただし面接の最中、ずっとピザを食べていたので、この人は自己管理ができていないなと思い不採用にしました。やはり緑色の皮膚は、栄養バランスが崩れているのを物語っていましたね。あと、下水道に住んでいるという部分もマイナスポイント。特定の住所がないと、採用する側としては不安が残りますからね。

――なるほど、ミュータントでニンジャな方だったというわけですね。まだ、あるのでしょうか?

これは基本的なことなのですが「身だしなみが乱れている人」ですね。過去にあった事例ですが、まるでビキニのような露出度の高い服装でいらっしゃった方がいました。TPOをわきまえた服装を考えられない人はそれだけでマイナスです。また、髪が緑色だったのも気になりましたね。茶色ならわかりますが、緑色はやりすぎだと感じました。余談ですが、その方は「電撃だっちゃ」と方言でしゃべっていたような…。面接時はなるべく意識して標準語を話すようにした方がいいかもしれませんね。

――うる星やつは採用されないというわけですね。ありがとうございます。勉強になります。

人のふり見て我がふり直せ。皆様は、くれぐれもお気をつけくださいね。

――本日はありがとうございました。最後にひとつ質問なのですが、普段は何をなさっているのですか?





自宅にこもって漫画ばっかり読んでます。

――でしょうね。




「採用担当者っぽいニートに聞いた! 好きな漫画ベスト3」 おわり

続きを読む

この記事の元ブログ: 採用担当者っぽい人に聞いた! こんなヤツは採用されない三カ条


最新の人気記事はコチラ
英語で喋りたくナイト
昔のアイドル文体を検証する
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」
大政奉還のプレスリリースを書く
大政奉還のプレスリリースを書く
会社でツラい時に使える「ゆるふわメッセージカード」
会社で使える「ゆるふわ毒舌」ステッカー