復刻版Wii『ドラゴンクエストI・II・III』は完全復刻ではない

写真拡大

復刻版『ドラゴンクエスト25周年記念 FC&SFC ドラゴンクエストI・II・III』が9月15日に発売されます。価格は4440円(税込み)で、ファミコンとスーパーファミコンで発売された『ドラゴンクエスト』シリーズ1〜3を復刻させて発売するのです。

発売元のスクウェア・エニックスは「当時のまま遊べるよう復刻して収録したWii専用ソフト」とプレスリリースでコメントしています。よって、当時のままの『ドラゴンクエスト』シリーズ1〜3を楽しむことができるわけですね。……と言いたいところですが、実はこれ、厳密には復刻ではないのです。

そう、内容の一部が当時のものと違っているのです。『大辞泉』によると、復刻とは「もとのとおりに刊行すること」を意味するそうです。しかし今回の復刻版『ドラゴンクエスト25周年記念 FC&SFC ドラゴンクエストI・II・III』は、「もとのとおり」ではないのです。実は、ゲーム中に表示されるメッセージ文が一部違っています。

スクウェア・エニックスもこれを認めており、「ゲーム内容は発売当時のものをほぼ再現していますが、現在の社会的・文化的情勢に配慮し、メッセージ文などが一部変更されております」と公式サイトに小さく書いています。よって、厳密には復刻ではありません。

別に「復刻」という言葉に対して「あげあし」をとっているわけではありません。当時からの熱烈なファンからすれば、『ドラゴンクエスト』シリーズ1〜3は自分の生活とともにあった大切な存在なのです。ですから、メッセージのひとつひとつに思い入れがあり、そこにはさまざまな気持ちが詰まっています。

ですから、ファンからするとメッセージ文のひとつが変更されているだけでも、ゲーム内容が変えられていると感じてしまうのです。しかし、20年以上の時を経てファミコン版『ドラゴンクエスト』シリーズ1〜3が復活するのは嬉しいことですね。最新作『ドラゴンクエストX』のムービーも特典として付いているらしいので、期待をして発売を待ちたいところです。

画像: ドラゴンクエスト公式サイト

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。



■関連記事
しょこたんは2ちゃんねる閲覧ソフトに『BB2C』を使用している
スーパーファミコンのネット対戦がきっかけで結婚した人がいる
古本屋にコッソリ古本を置いてくるとどうなるのか試してみた
人間なんかに負けないわんっ! 自動車にワンコの反撃
ノルウェーのビル爆破テロの衝撃が近隣の建物にも届く