【懐かしいドラマ特集】「ウルトラQ」を見る。

写真拡大

特撮ドラマの先駆け!(画像:amazon.co.jpより)
©Tsuburaya Productions Co., Ltd. All rights reserved.


2011年は「ウルトラマン」シリーズ45周年です。「ウルトラマン」と言えば独特のいでたちで巨大化して怪獣と戦う正義のヒーロー(個人的には怪獣が必ずしも悪であるとは思いませんが)として、誰もがみんな知っている、そして誰もがみんな(正体が)わからない(月光仮面ですか!)、そんな「ウルトラマン」さんは人気者です。
ウルトラQとは?そんな「ウルトラマン」ですが昭和41年7月に初登場、しかし「ウルトラマン」シリーズ第1作は「ウルトラマン」ではないのです。

実は「ウルトラマン」TV放映の半年前、「ウルトラQ」という特撮ドラマ(モノクロ)が放映されていました。「ウルトラQ」こそ「ウルトラマン」シリーズ第1作なのです。

「ウルトラQ」は様々な人類の脅威、それが怪獣であったり怪奇現象であったりしますが、それらを人類の英知と科学、そしてみずからの努力によって立ち向かう姿をドラマ化したものです。そのため「ウルトラマン」のようなヒーローは見られませんが、それが現在視聴してみると逆に大人向けのドラマ作品としてぴったりと当てはまる仕上がりになっているのがわかります(もちろん当時の子供を含めた視聴者には大人気でした)。

個人的には「カネゴン」が好きです(後の「怪獣ブースカ」に通じる作風ですね)。

また当時大学生であった俳優の石坂浩二さんがナレーターとして出演しているのがファンにはたまらないです。

アニメ「日常」や「森田さんは無口」等を視聴していたときに「ウルトラマン」や「ウルトラQ」からモチーフを採用したと思われる描写があるのですが(両方とも女子高生が登場人物の中心の作品です)、かれこれ45年も経過してなお愛される作品(というより女子高生で良く知っているなと思います)、私もそんな「ウルトラマン」や「ウルトラQ」が大好きです。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「ウルトラQ」公式Webサイト
DVD ウルトラQ VOL.1

■関連記事
隕石原因の小惑星「ベスタ」、NASAが接写に成功
【YouTube】(∪^ω^)くるりんぱなラブラドール
ちょ、ちょっと待った!ジャック・ニコルソン慌てる
【花王】ヘアケアブランド「セグレタ」から洗い流さないトリートメント3品種を発売
カナダ誌、中国版IKEA模倣店をニュースに