Vol.1 POWERSPOT of NATURE 強大なパワースポットで、地球と宇宙の力強いパワーを感じる

母なる地球が持つ癒しと再生のエネルギーを求めて訪れる人も多いハワイ。地球と宇宙の力強いパワーを実感したいなら、ぜひ訪れて欲しいのがハワイ島。壮大なる自然と、それに敬意を払いながら暮らす人間とが、豊かに共存している場所だ。ハワイ州で最も大きい面積を誇り、"ビッグ・アイランド"とも呼ばれるこの島のダイナミックな魅力を体感するためには、一秒でも多く、自分の足でこの地を踏みしめ、吹きぬける風を感じ、漂う空気を深呼吸してみて欲しい。

今回veritaが提案するのは、地球のパワーとエネルギーを体感する旅。それは、唯一無二のかけがえのない経験のできる日々。体全体で島の魅力を堪能したら、心もより生き生きしてくるのがわかるはず。さあ、未知なる地球体験へ。

ハワイ諸島を産み出してきたマグマの噴火口"ホット・スポット"。その真上に、現在位置しているのがハワイで最も大きいハワイ島"ビッグ・アイランド"だ。ホット・スポットで誕生した海山が成長を続けた結果、海面から顔を出し、年に8cmほど北西へと動いている太平洋プレートに乗って移動し、ホット・スポットから完全に離れる。それを繰り返し、生まれたのが大小130ほどの島々から成るハワイ諸島。つまり、マグマの噴火口の真上にあるハワイ島は、最も新しい島でもあるのだ。この島が、地球のパワーと生命感に満ち溢れ、ダイナミックな自然を感じさせるのは当然のこと。まさに、この島全体がパワースポットそのものなのだ。

ハワイ島に帯びるパワーの一端、スケールの大きい地球のエネルギーをより間近に体感したいなら、真っ先に訪れたいのがハワイ火山国立公園だ。ハワイ州第2の街、ヒロから南に車で約45分走ったところに位置する、地球上で最も活発なキラウエア火山を有する広大な公園。車で気軽に訪れることができるので「世界唯一のドライブイン火山」とも呼ばれるが、広がっているのは生まれたばかりの星を思わせる実に原始的な風景だ。

火の女神・ペレが住むところとして知られるハレマウマウ火口。ハワイの人々にとっての聖地。

頂上まで登れば、火の女神・ペレが住んでいるとされるハレマウマウ火口をはじめ、いくつもの大きなクレーターを目にすることができる。度重なる噴火は、ペレの怒りだと信じられていて、今でも祈りやレイが捧げられているハワイ先住民の聖地として知られている場所だ。噴火口から立ち上る煙、随所に見られる溶岩の様子を観察すれば、地球が確かに生きていること、成長し続けていることなどを肌で感じることができる。

火溶岩が波に侵食されてできたシーアーチ。

キラウエア・カルデラを一周できるクレーター・リム・ドライブや、クレーターが続き、溶岩流で道が塞がれた地点が終点となっているチェーン・オブ・クレーターズ・ロードなどドライブで楽しめる場所はもちろん、溶岩が作った通り抜け可能なラバ・チューブ(溶岩洞)や、冷えた溶岩が一面に広がる平野を実際に歩くことが出来るカラパナ溶岩見学エリア、溶岩でできた大地ながら固有の植物が生い茂る熱帯雨林のハイキングコースなど歩いて楽しめる場所もいっぱい。1987年には、世界遺産として登録されている。

ハワイ火山国立公園 
ハワイ火山国立公園ツアー ジャックスツアー 
"王の谷"ワイピオ渓谷では、手付かずの自然のなかで、古代ハワイの暮らしを継承する人々が住んでいる。

島の北西部に移動すると、コハラ山脈にある7つの谷の最南端には壮大なワイピオ渓谷がある。海にせり出すように立つ600m以上の断崖が造りだす緑の谷は、太古の昔、ハワイの政治と宗教の中心であり、古代の王が住んだ場所。ハワイを統一したカメハメハ大王も身の安全を確保するために、谷に囲まれた王族の隠れ家であるこの地に幼少期に移り住んだとされる。このような背景から、ワイピオ渓谷は"王の谷"とも呼ばれるように。強大なマナ(霊力)に守られているとされる、もうひとつの聖地なのだ。この地には、現在も80人ほどが暮らし、豊かな自然に囲まれながら、古代ハワイの生活様式を守りつつタロイモ栽培などを行っている。静かに、自然と共存しながら古き良き暮らしを継承する村へは、四輪駆動車、乗馬、馬車で訪れることのできるツアーもある。

(写真左)谷を巡る乗馬ツアー。子供でも参加可能。  (写真右)緑のワイピオ渓谷を望む。息をのむ絶景がここにも。

300mもの高低差がある場所を、全長わずか1.6kmの坂道で下りつつ、水の中を進みながら谷底を目指すワイルドな四輪駆動車のツアー(1.5時間)は、アドベンチャー気分がたっぷり味わえておすすめ。谷を巡るなら、乗馬や馬車のツアーも楽しい。高台にある展望スペースから見下ろすダイナミックな渓谷、谷底から見上げる神々しい渓谷、二つの違った表情をみせるワイピオで、心と体がほどけて行く快感を味わって。

ワイピオ渓谷ツアー ワイピオ・バレー・シャトル 
ワイピオ渓谷を目指す四輪駆動車によるワゴン・ツアーを行っている 「ワイピオ・バレー・シャトル」。
ヒマラヤ、マウイ島、そしてハワイ島にしか生えない貴重な高山植物・シルバーソード(銀剣草)。マウナケアでは、オニヅカ・ビジター・センター付近で見ることができる。人の手の熱で死んでしまうほどデリケート。光を受け輝くことから、この名が。

標高4205m、ハワイ諸島最高峰のマウナケア。ハワイ語で"白い山"という名を持つこの山は、冬には雪に覆われることで、古代ハワイアンたちが強力なパワーが宿ると信じ、信仰の対象としてきた聖地。ここには、雪の女神・ポリアフが住むとされ、山頂には祭壇も設けられている。

ここで体験できるのが、ビッグ・アイランド観光のハイライトのひとつであるサンライズ、サンセット鑑賞と星空観測。veritaのおすすめは、美しい宇宙の営みを浮遊感とともに観察できる、サンセット&星空観測ツアー。特にここで見る夕日はダイナミックだ。眼下に広がる雲海へと沈んでいく太陽は、刻々と空と雲の色を変えていき、光と影、昼と夜の境界に立つ奇跡のようなひとときをプレゼントしてくれる。地上では見ることのできない光景も、ここでは日々繰り返される日常的な営み。とびきり澄んだ空気に包まれ、視界をさえぎるもののない高い山は、天体観測に適した世界有数の場所なのだ。日本の「すばる望遠鏡」を始めとする多くの国々の天文台が並ぶのもそのせいだ。

神々しい美を見せる太陽が沈み、夜のとばりが下りれば、一転して、空一面に浮かぶ星たちの世界に。宇宙と一体になったかのような、浮遊感が感じられる星空も、一生ものの体験だ。月と星の明かりだけが支配するマウナケアでは、体の感覚がより研ぎ澄まされるよう。地球という星に暮らす素晴らしさを実感しながら、宇宙が奏でる極上の天体ショーを細胞すべてで味わって。富士山より高いマウナケアの鑑賞ポイント、3700m地点の酸素量は麓のおよそ約70%。そこで2800m地点には、高山病予防のための休息をとるオニヅカ・ビジター・センターが設けられている。夏でも真冬並みの寒さとなる山頂に向うため、冬用の装備を整えるのもこの場所で。途中の道路状況、安全と健康のことを考えれば、最大限にマウナケアを満喫するためにもツアーに参加するのがおすすめ。

サンセット&星空観測ツアーは「太公望」で予約 
日本語でのガイド、高山病対策、マウナケアで守るべきマナーとルールなども教えてくれる「太公望」は、日本の会社として最も早くマウナケアへのツアーを開始した会社。地元の人々にも信頼されている実績は、極上のマウナケア体験を約束してくれる。
地球のパワーとエネルギーに満ちたハワイ島の中でも、先住民たちの聖地として、ひときわ大切に守られてきた3つのパワースポット。いずれも、ハワイの観光に携わるプロたちが6つの島から厳選した、とっておきのおすすめ、"ハワイ50選"にも入っている。
ハワイ50選 

>>大自然を駆け抜ける ダイナミックな旅 Big Island Of Hawai'i

>>CONCIERGE ハワイの達人はチェック! JALで行けばもっと楽しいハワイ

>>Vol.1 POWERSPOT of NATURE 強大なパワースポットで、地球と宇宙の力強いパワーを感じる



■関連記事
Vol.5 究極のリゾート オアフに集まる世界のグルメ
Vol.4 移民の島ハワイのソウルフード・ヒストリー
Vol.3 ハワイ食のルーツと伝統
Vol.2 自然の恵みを受けたオアフ産の食材とファーマーズマーケット
Vol.1 ハワイ・リージャナル・キュイジーヌの誕生から今日まで