CONCIERGE ハワイの達人はチェック!JALで行けばもっと楽しいハワイ

1日がたった24時間なんて! 充実した時間を過ごしていると、ついそう思ってしまうもの。楽しみや発見が目白押しのシドニーを旅したなら、きっとあなたも、もっと見たい、もっと味わいたい、もっと感じたいと思うはず。そこでveritaのお勧めは、ちょっと早起きをして、賑わい始める前の街の空気を楽しむこと。日本人にとって、最も親しみのある旅の目的地、ハワイ。1954年2月2日に、日本初の国際線として、東京―ウェーキ―ホノルル―サンフランシスコ線を開設して以来、ハワイを身近な存在にし続けてくれているのが日本航空だ。

初就航から57年目を迎えた今年も、JALで行くからこそ味わえる現地での楽しみが盛りだくさんだ。「JALわくわくアロハ計画2011」と題されたキャンペーンもそのひとつ。"JALで行けばもっと楽しいハワイ"をコンセプトに、独自の文化や楽しさを感じられる無料体験型プログラムを中心とした様々な提案やサービス、現地特典を盛り込んだ特典カードの配布を実施している。

無料にもかかわらず質が高いと評判の体験型プログラムは、ぜひこの機会に参加したいもののひとつ。個人では手配が難しい貴重な体験やレッスンも多数ラインナップされている。地元の人々で賑わうKCCの朝市散策が含まれたバスツアー「朝市食べ歩きと、大自然に囲まれてフルーツガーデン散策」、動物園のスタッフと日本語を話すスタッフが動物についての英語クイズを出題しながら園内を案内してくれる子供も大満足の「動物の名前どれだけ知ってる? 英語でZOO!」、朝の公園でハワイのマナを感じる「癒されて美しく! モーニング・ヨガ」などは、多彩なプログラムの中のほんの一部。JAL利用者なら、期間中に開催される無料体験プログラムのなかから、一人2つまで参加可能。ただし、先着順なので、旅のスケジュールが決まったら早目にサイトをチェックして、予約しておくことをお忘れなく。

また、現地での楽しみは他にもいっぱい。現地特典カード「JALOALO CARDプログラム」で、加盟店約150店舗で特別なサービスを受けることができる。気になる内容は、現地のホテルやレストラン、ゴルフ場やショップ、交通機関(シャトルバスやワイキキトロリー)での特別割引や無料特典、ギフトがもらえるサービスなど。ホノルル発の日本帰国便を対象に、優先搭乗やエコノミークラスの搭乗者へプライオリティバゲージサービスなども実施している。
対象となるのは、キャンペーン期間中にオアフ島、ハワイ島に滞在する日本−ハワイ便の個人運賃、もしくはマイルによる特典航空券利用者(パッケージツアー、団体ツアー利用は含まず)。カードの有効期限は、ハワイ到着日から2週間なので、存分にハワイ滞在を満喫できる。

いずれのサービスも、年齢を問わず、家族連れでも友人同士でも楽しめるハワイの旅を、より思い出深いものにしてくれるものばかりだ。ぜひこの機会に、お得で楽しいJALを選んで、ハワイの達人になってみては。

JALOALO CARDプログラム 

>>大自然を駆け抜ける ダイナミックな旅 Big Island Of Hawai'i

>>CONCIERGE ハワイの達人はチェック! JALで行けばもっと楽しいハワイ

>>Vol.1 POWERSPOT of NATURE 強大なパワースポットで、地球と宇宙の力強いパワーを感じる



■関連記事
Winter season on OAHU:冬のオアフ島の楽しみ方(12月〜3月)
Vol.5 究極のリゾート オアフに集まる世界のグルメ
Vol.4 移民の島ハワイのソウルフード・ヒストリー
Vol.3 ハワイ食のルーツと伝統
Vol.2 自然の恵みを受けたオアフ産の食材とファーマーズマーケット