なでしこ「国民栄誉賞」の記念品には何が贈られるの?  内閣府に聞いてみました

写真拡大


2日、正式に国民栄誉賞を授与されることが決定した「なでしこJAPAN」。

これまで王貞治や美空ひばりなど18名の著名人に授与されてきた内閣総理大臣表彰の賞なだけに、選手からは「実感が沸かない」という戸惑いの声が聞こえてくるほど。

受賞対象者はワールドカップで金メダルを授与された者ということで、選手21名のほかにも、監督やコーチなどスタッフ14名の計35名に授与されることが検討されています。

さて、18日に行われる授賞式では慣例どおり「賞状、盾、記念品」が贈られるのですが、ここで気になるのは記念品! これまで受賞者には、高級な腕時計や焼き物などが贈られてきましたが、今回は初めての団体受賞。巷では「現金」の可能性も? といった噂もあるようですが……。

いったい何が贈られるのでしょうか? 内閣府に質問してみました。


●なでしこJAPANへ贈られる記念品は、何にするか決定している?

「まだ検討中です。何も決まっていません」

●現金の可能性もある?

「その可能性はないです。2日に官房長官からも会見で発表していますが、金一封ではなく、従来の慣行に従って記念品を贈ります」

●受賞者は欲しいものをリクエストできる?

「過去そういう場合もありました。しかし毎回規定が違うので、選定方法にも違いが出てきます。極力、受賞者の希望に添うような形で選びたいですが、今回はまだ検討中です。内閣府からあえて受賞者に希望をとることもありません」

●何がもらえるか、受賞者が事前に知ることはできる?

「慣例通り、18日の表彰式で受賞するまで何を贈られるかは受賞者にも伝えられません」

●過去、受賞者には高級な品が贈られてきました。今回は団体受賞ということで、記念品の予算も分散される?

「もちろん、そうなります。予算内で収めなくてはならないため、必然的に個々へ与えられる賞品も分散されます」

(以上 内閣府より回答)

とのことで、今確実にわかっていることは、なでしこJAPANに贈られる記念品は「お金ではなく従来通り品物」「ひとり当たり記念品の価格は個人受賞より下がるらしい」ということでした。

ちなみに、過去に国民栄誉賞を受賞した元マラソン選手の高橋尚子さんが記念品に贈られた腕時計。ブランドは「パテック・フィリップ」で価格は98万円相当だといわれています。ここから推測するに、もし記念品の予算が100万円以内だとすれば、受賞者35人に対し、ひとり当たり約2万8千円前後の品が贈られることが予想されます。

日本国民に絶大な希望を与えてくれた彼女たちに、はたして何が贈られるのでしょうか。もちろん重要なのは金額ではありませんが、初めての団体受賞なだけに気になるところです。

今回贈られる諸々の品は、きっと今後の彼女たちの活動を支える上でも大きな意味を持つはず。受賞されたことで重荷など感じず、彼女たちらしく生き生きと元気に活躍してもらいたいものです。

(取材、文=ricaco)

画像:frickr=stevendepolo

●関連記事