アジカン後藤氏の手掛ける新聞「THE FUTURE TIMES」、チャオパ全店で配布

写真拡大

 ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)のボーカル&ギター後藤 正文(ごとう まさふみ)氏が編集長を務める新聞「THE FUTURE TIMES」の創刊を記念し、「Ciaopanic(チャオパニック)」全店で準備号の無料配布をスタートした。現在、同誌の配布先は「TOWER RECORDS(タワーレコード)」やライブハウスなどが中心になっており、アパレル企業としては「Ciaopanic」店舗が初となる。

アジカン後藤手掛ける新聞、チャオパ全店配布の画像を拡大

 「THE FUTURE TIMES」は、"未来を考える"をキーワードに後藤氏が東日本大震災の発生を受けて立ち上げたフリーペーパー。様々なジャンルで活躍する人が集い、震災復興への思いを綴った誌面内容となっている。「00創刊準備号」は、全国の「Ciaopanic」で2000部を配布しており、続刊についても引き続き店頭配布される予定だ。

 後藤氏は「THE FUTURE TIMES」の創刊について、「"未来ついて話そう"というテーマでいろいろなひとに会いに行くと、実はみなさん、過去のことも話してくれます。漠然と未来が描けたりはしないのだということも、最近は感じています。過去のこと、現在を積み重ねること、それが結果的に未来を作りあげるのではないかと、そういう視点にアップデートされます。やはり、僕自身が、この新聞を作ることによって、いろいろなことを考えているのだということを実感します。視野を広げるために作っているのだということ(原文まま)」と公式サイトのブログにコメントを掲載している。

■「THE FUTURE TIMES」サイト
http://www.thefuturetimes.jp/

■「Ciaopanic」サイト
http://ciaopanic.com/index.html