男性美容サービスが好調 メンズクイックネイルサービスも

写真拡大

 男性の"美意識向上"に注目が集まる近年、メンズコスメ市場ではコスメ・ケア用品が続々とリリースされている。既に、同市場は1000億円を突破。20、30代の働きざかりな若い世代から需要が高まっているという。ビジネス街に位置する男性向けコスメショップでも"ネイルケアレクチャー"などが実施され、女性と遜色ない美容サービスも登場してきている。

男性専用クイックネイルサービスの画像をもっと見る

 雑誌「メンズクラブ」が生み出したトレンドワード「美貌男(ビボオ)」に代表される"美容感度の高い男性"が近年増加。最新のコスメグッズや美容法に移り気がちな女性客に対し、リピーターの占有率が高いのもメンズ市場の特徴で新規顧客獲得のため、各企業・ブランドでは様々なサービスが展開されている。日本最大級のメンズコスメサイト「M-COSME」や「iBeautyStore(アイビューティーストアー)」などのオンラインショップでは、"ヒゲの手入れ"や"口臭対策"など、男性ならではの美容特集が組み込まれており、リアルショップに足を運ぶのが恥ずかしいと感じる男性に向けた企画も行われている。

 そのほか、メンズコスメと雑貨の専門店「QUOMIST(クオミスト)」では、男性の指先手入れを支援するサービス『「MAVALA」 マヴァペン クイック施術キャンペーン』を8月30日と9月2日に新丸ビルで実施予定。平日の夕方にペンタイプの甘皮オイル「マヴァペン」を使用した指先の手入れを専任ネイリストにより無料レクチャーするなど、ネイルケアの"HOW TO"をイチから指南する。また、東京を中心に店舗を構える美容室「MINX」では、男性客を対象としたコスメサンプルの配布キャンペーンを8月29日まで実施。先着1500名に、1851年にニューヨークで調剤薬局としてスタートした自然派化粧品ブランド「Kiehl's(キールズ)」の男性向けサンプルセットを配布する。