ニンテンドーDSやPSPといった人気ゲームソフトのデータがネット上に出回り、マジコンやちょっとした細工を施すだけで市販のゲームが無料でプレイできてしまうという環境は依然として淘汰される気配はなく、むしろそれらを助長するようなコンテンツの方が数が多いのが現状だ。

そのようなコンテンツとは対称的なソフトが2011年7月29日に発売されたPC用ソフト「シキガミ」(あかべぇそふとつぅTRY)だ。18歳以上を対象とする領土争奪SLGの同ソフトにはライセンス認証が搭載されている。

これはソフトを購入しなくてもプレイできてしまう現在の環境やその未来を憂う結果として生まれ、正規に購入したユーザーはプレイするにあたりインターネット、もしくは携帯電話を通じて認証を行うことで初めてプレイ可能な状態になるというシステムだ。不正を働く者がいる限り今後も強いられることになりそうだ。

ワンクッションを挟むこのシステムも不正防止への一助になればと理解を示す正規ユーザーも多いと思うが、ネット上には早くも「シキガミ 認証回避」といったワードが浮上。その勢いはGoogleトレンドの10位をマークするほどである。

今日のトレンドから察するに上述のプロテクトを回避するための道しるべを世に言う多くの"割れ厨"たちが検索しているのだろうか。開発者たちの頭痛を取り除く特効薬はなかなか存在しないようだ。

言うまでもないが、ソフト開発には多くの時間と費用が掛けられている。今後も良質のソフトを皆が利用する為にも、不正を許さず正しく購入・使用しなければいけない。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

シキガミ
シキガミ [アダルト]


■関連記事
【懐かしいアニメ特集】「ドージンワーク」を見る。
【アニメ】「ゆるゆり」第5話その2は「ぼくのなつやすみ」な展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「夏目友人帳 参」第5話は蔵な展開!(ネタばれ注意)
【アニメ】「快盗天使ツインエンジェル キュンキュンときめきパラダイス!!」第5話は「奥様は魔女」な展開(ネタばれ注意)
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強方法その20」