東洋紡フェアトーン(株)は、節電にも寄与する「あったかライフ、ご提案」をテーマに、「2011秋冬スペースラグコレクション」を8月1日に発売した。
今回、国産、輸入品ともデザインを一新させているが、特にセールスポイントは、東洋紡機能性素材ドゥレープ、セルフクリア、ディスメル、ウォームレイ、セラムAを使用した国産商品を充実させ、ECOラグとして提案していることである。
代表的な機能・商品をあげると、1つは自己浄化繊維製品として、東洋紡セルフクリア(おひさま、クリーニング)でホットカーペットカバーの発売。2つ目は、遠赤外線放射性能の快適素材(ドゥレープ)使用でワンランク上のあったかさの訴求。3つ目は、アンモニア消臭(ディスメル)を使用した快適ラグ(ペットなどのアンモニア臭を素早く吸収、消臭)。
またウイルトンカーペットとしては、イラン製アクリル商品、ウール商品、ベルギー製、トルコ製のヒートセットPP、中国製カービング新柄など多数企画開発。すべてオリジナル柄での展開、サイズも多サイズ展開で扱いやすい商品体系になっている。
この他、中国製プリントラグは柄、サイズも充実したアイテム数を展開。ベルギー・中国ゴブランは、キリム柄などオリジナル柄を多数開発。さらに、玄関マット、キッチンマット、廊下敷きは、オリジナルのウィルトン、モケット、フック、プリントマットなど多数、多彩にわたり企画、充実させた。もう1つ、年間商品で好評発売中の低ホルムアルデヒドのウッドカーペットも改めて提案した。
同社では、「ますますオリジナル性の高い高付加価値商材を国産、輸入品とも企画・開発を推し進める」としている。