Trends Navigator(トレンドナビゲーター)・福田行雄氏によるエキスパート対象のカラーセミナー「Color&Fabrics trends-Next」が、さる7月29日(金)、LIXIL新宿ショールーム3Fにて開催、カラーに関連するインテリア・デザインプロダクト関係者約20名が受講した。
同セミナーは、JAFCAのプロダクツインテリア部会専門委員でLiving fashion color選定委員(1990年〜2010年)を務めたインテリアカラーのスペシャリスト・福田行雄氏が、“カラートレンドを深読みする”と題し、ハイムテキスタイルやメゾン・エ・オブジェ、ミラノサローネなどのカラートレンドを独断と偏見をもって鋭く解説するというもの。

セミナーでは、まず展示会でのカラートレンドの探り方から解説、海外の展示会はトレードが中心になるため、現在購買力の強いロシアや中国、インドなどに好まれるカラーが会場に溢れているとし、それが多いからといって必ずしもトレンドカラーにはならないと指摘した。さらにヨーロッパと日本では、歴史や住宅様式の違いから好まれるカラーは異なるとし、ヨーロッパのトレンドがそのまま日本のトレンドにならないとの持論を語った。その上で、10年以上にわたるトレンドの変遷を踏まえたトレンドカラー、ベーシックカラーについて詳細に解説した。
なお、今回は少数精鋭のセミナーだったことから、受講者全員が2年先のトレンドカラー予測を発表、併せて自己紹介や受講者同士の交流も行われるなど、一風変わったセミナーとなり盛り上がった。