赤いブラとパンツを身に着ける新郎…ちょっと意味不明な結婚式

写真拡大

白いウェディングドレスの女性と、妙な格好をした男性。結婚式のようですが、何かがおかしい。

注目すべきは、妙な格好の新郎。なぜか、タキシードの上に真っ赤な下着(?)を着けています。晴れの舞台。こんな風には思いたくないですが……この新郎、変態ではなかろうか?

実はこれ、中国のある地方の結婚式の様子。正装に赤いブラとパンツを着用して嬉しそうな新郎ですが、ほかの画像を見ると、な、なな、なんと、新郎の赤パンツに皮をむいたバナナを入れて、それをおもむろに新婦がパクっと食べる様子が!

ちょちょちょちょっと子供も見てますから、教育上よよよよよくないですよ!! 参列者の皆さま、笑ってないで止めないとっ!!

元々、中国の結婚式では新郎新婦や参列者などが、縁起が良いとして赤い下着や靴下を身に着ける習わしがあります。しかし、このように人に見えるように着用して、バナナを食べるのは、このカップル独自のアイディアのよう。中国のネット掲示板では、卑猥だと非難の声があがっています。

結婚式のスピーチで下ネタはご法度の日本。「結婚をすると3つの袋を大切にしないといけません。ひとつ目はお袋。ふたつ目は給料袋。3つ目はキ◯タマ袋です」なんて冗談は通じません。

でもこの中国の結婚式は、下ネタの冗談どころか、結婚初夜の様子を参列者の前で披露しているようにも見えます。ほかの女性と浮気をしたら噛みちぎるわよ! と脅しの意味を込めているのでしょうか。

(ライター=カトーゴー)

参照元:METERDOWN.COM (http://p.tl/lTWv

●関連記事