「匿名文書」による野党工作の実態――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく(1)

写真拡大

東電救済法案と言われる「原子力損害賠償支援機構法案」。水面下の修正協議にあたって、経産省が自民党への説明に使ったと言われる「名無しの文書」が今、話題となっている。文書の内容は、東電の利害関係者(ステークホルダー)を代弁するもので、これが事実であれば大変な問題だ。自民党の西村康稔議員はこの根回し文書について「事実であれば今後経産省の要請には応えない」と国会で述べたが、未だに調査などはおこなわれていないようだ。

東電救済法案「根回し文書」問題

この東電救済法案「根回し文書問題」について、今週追求する予定だという、みんなの党代表の渡辺喜美衆議院議員に話をきいた(取材日:7月29日)。
※問題の「根回し文書」と言われるものは、こちらからダウンロードすることができる。

――「経産省による東電救済法案のための根回し文書」というものが出まわってきています。この書面には何も名前が書いてないのですが、これは一体誰が作ったものなのでしょうか。

渡辺議員:想像するにね、経産省の官僚が「名無しの権兵衛」でこういう紙(文書)をつくって、野党に投げてるんですよ。それは、よくある話で。野党を使って、自分たちが有利になるように修正しようという魂胆なんですよ。

――え、そういうのって、よくある話なんですか?

渡辺議員:よくある話で、私自身も大臣の時にやられましたよ(渡辺氏は2006年末に安倍内閣において行政改革担当大臣就任)。私の時にはね、「日の丸官僚をつくろう」という法案だったんです(「日の丸官僚」=「省益」ではなく「国益」を追求する、国民のために働く官僚のこと)。各省採用じゃなくて、内閣人事庁というものを作って、そこで官僚を採用しましょうという法案ですね。ちゃんと閣議決定終わって、国会へ法案を出したわけですよ。ところが、事務方(官僚)が――私の部下がですよ?――当時の野党である民主党に根回しをして、もう実名を言っちゃいますけど、民主党の松本剛明衆議院議員(現外務大臣)、松井孝治参議院議員(元通産官僚)、この二人ですよ。そして自民党は林芳正参議院議員(元防衛大臣)、彼はポスト谷垣とも言われている自民党総裁候補ですよ。そして今は参議院議員ですが、当時衆議院議員だった宮沢洋一参議院議員(元大蔵官僚)。この4名が、まさにこういった「役人ペーパー」に基づいて、「内閣人事庁」は×にすると。そして「人事局」に格下げにすると。そして、各省採用は残すんだ、「内閣人事庁」による採用なんてとんでもない、ということで、修正しちゃったんですよ。

――渡辺さんは抵抗しようがなかったんですか?

渡辺議員:ブラックアウトされてました。国会の最後のツメでの修正だから「大臣はおいとこう」という形。国会対策でやられるんですよ。

――瀬戸際でそういうことが起きてるんですね。

渡辺議員:今回は、この修正ポイント(の書かれた「根回し文書」)について、海江田さん(現経済産業大臣)は、知ってると思います。

――そうなんですか! この「根回し文書」について質問され、海江田経産大臣と一緒に答弁していた自民党の西村康稔議員(元通産官僚)は「知らない」と国会で答弁されていましたが、それって本当なんでしょうか。

渡辺議員:西村康稔議員は「西村審議官」と呼ばれてますよね。

――え、「審議官」? ですか。

渡辺議員:つまり、経産省の手先だ、ということですよ。「先兵部隊だ」とも言われてます(編集注:「審議官」は、中央官庁の局長の一段階下のポスト。国会議員への根回しなどに携わることが多い。ここでは、もともと通産官僚だった西村氏が、政治家でありながら、事実上は役人に戻ったかの如く、役所の「審議官」のような働きをしているとの皮肉が込められている)。

――西村議員は、「もしこの根回し文書の存在が事実なら、今後経産省の協力要請などには一切応じない」と国会で言い切ってましたが。

渡辺議員:まぁ、そう言っておかないと、自分たちの正当性がなくなっちゃうじゃないですか。来週(8月1日の週)、「本当にそうなの?」と国会で質問しますよ。

――本来なら、根回し文書の存在は事実ではないと言っている自民党も調査はすべきなんじゃないかと思うんですけども。

渡辺議員:この間の本会議では、中西健治参議院議員が、この根回し文書について質問したんですけれども、本会議だから「そんなの知りません」で終わっちゃうんですよ。でも今度は「委員会」ですから、「知りません」と答弁したら二の矢、三の矢を放っていきますよ。

――この問題をきっかけとして、法案自体の見直しをおこなうという動きもありえますか。

渡辺議員:そりゃそうですよ。とにかく、ふざけてますよね。こんな紙(根回し文書)を作ってね、結局東電を債務超過にしないという話じゃないですか。国会でも「東電を債務超過にしないんですか?」「優先株を引き受けて資本注入やっちゃったら、結局債務超過にならなくなりますよね。そういうことをやらせるんですか」と西村議員にききますよ。さて、どういう答弁をされるのか。


――海江田経産大臣は、衆院の復興特別委員会(7月26日)で、「債務超過はさせない(想定していない)」と答弁してました。

渡辺議員:「債務超過にさせない」というのが経産省のそもそもの魂胆で、海江田さんは官僚の路線にしっかりと乗っかってるってことですよね。なんか今日、国会で男泣きをしたらしいんだけど。なんで泣いたのかよくわからないけども。一旦「辞める」と言っちゃったんだけど、官僚から「海江田大臣、是非辞めないでください」と頼まれてるんじゃないですか。「辞める」っていうのは自分の政治決断なんだけど、「海江田辞任」という出来事をきっかけに菅総理下ろしが始まってしまいますから。でも、海江田大臣は官僚にとっては実にありがたい存在になってるんですよ。今日も夜に発表するらしいんだけど、菅総理が「脱原発」「減原発」とか言っているわけですよ。

――経産省とはまったく逆の路線だと。

渡辺議員:経産省は「減原発」すらとんでもないわけですよ。原発続行だと思っているわけだから。海江田さんはそういう官僚路線をそっくりそのままやってくれるわけだから、とってもありがたい大臣なんです。だから「辞めないでください」と言われているんじゃないかな。その相克の中で泣いちゃったんじゃないかな、たぶん。

――昨日、海江田大臣は、経産官僚の古賀茂明さんと会談されて、その中で「また何度も会おうよ」ということをおっしゃったらしいんですが、辞めるつもりなのかそうじゃないのかよくわからないですね。

渡辺議員:「辞める」って言っちゃったんだけど、辞められなくなっちゃってるんじゃない?

――お願いされて。

渡辺議員:そうそう。

(つづく)


●復興特委にて「根回し文書問題」に関する質問がおこなわれる予定だそうです
参議院 東日本大震災復興特別委員会 原子力賠償支援機構法案質疑(NHK中継あり)
日時 8月1日(月)10:00〜17:12
場所 第一委員会室
質疑者:松田公太議員15:42〜15:57

参議院ネット中継:
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php


■関連記事
筋金入りの官僚「古賀茂明」を座敷牢から総理大臣補佐官に――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく(3)
東電を「ゾンビ企業」にして電力自由化の道を閉ざす――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく(2)
「経産省根回し文書問題」自民議員が否定「事実だとすれば今後一切経産省の要請には応じない」――事実調査の必要性
筋金入りの官僚「古賀茂明」を座敷牢から総理大臣補佐官に――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく
東電救済法案に反対する方法――「あきらめたらそこで試合終了ですよ?」